ニュース

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

02月14日 15時01分
女優主演賞を受賞したシム・ウンギョン
「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。

 本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚(松坂桃李)の姿を通して、権力とメディアの裏側を描くサスペンス。

 シックなパンツスーツ姿で登場したウンギョンは「夢みたいで緊張しております。

藤井監督や関わった皆さんのおかげでここに立っています。

俳優として、いつもいろいろ悩んでいますが、もっと良い俳優になれるように謙虚に臨んでいきたいと思います」と日本語でスピーチを行った。

 撮影では「日本語のイントネーションや発音に苦労した」というウンギョン。

司会者の生島ヒロシから「猫背でメモを取る姿に記者のリアリティーがあった」と褒められると、「撮影前に新聞社を見学させてもらった。

そこで見た記者さんの姿を参考にしました」と語った。

 本作の河村光庸プロデューサーも登壇。

生島から「体制に批判的な映画なため、日本の女優に出演を断られたといううわさがありますが?」と問われると、「全くうそ。

大きな表現をしていこうということで、最初から彼女を起用したかった。

シムさんはものすごい努力家で素晴らしい俳優。

私は(彼女が)小さいころからずっとファンなんです」と経緯を語った。

 また、米アカデミー賞の作品賞ほかを受賞した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』(ポン・ジュノ監督)の話題も。

 「日本映画界と韓国映画界の違い」を尋ねられたウンギョンは「韓国では撮影初日に(出演者の)紹介なしに、ただスーッと撮影に入っていくのですが、日本の現場では『吉岡役のシム・ウンギョンです』と拍手されながら撮影に入った。

最初は驚いて『あっ、すみません』と言っちゃった。

だんだん慣れましたが。

私はどっちでも大丈夫」と語った。

©共同通信社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

日向坂46、記者に扮して突撃取材! 加藤史帆「総理大臣にインタビューしたい」 02月21日 18時01分

高畑充希、山崎賢人の『ヲタ恋』顔芸を世界にアピール 「国境を越えると思う」 02月21日 14時31分

のん「ライブ衣装作りをパワーアップしたい」 「説明を聞いて勉強させていただいています」 02月20日 17時31分

橋本環奈「タフさだけが私の取り柄」 「21歳は諸々責任もあるので誠実に」 02月20日 17時01分

橋本祥平、お風呂シーンの稽古は「ハプニングだらけ」 舞台「キンプリ」第2弾が開幕! 02月20日 17時01分

「麒麟がくる」新キャストにユースケ、本郷奏多ら 長谷川博己「遠慮は要りません」 02月19日 17時01分

堀田真由「家でゆったりと4Kを楽しんでいる」 「宇多田ヒカルさんのライブにハマった」 02月19日 17時01分

杏、夫・東出の不倫騒動にコメント 「今後についてはゆっくり考えたい」 02月18日 18時01分

坂口健太郎「頑張ったかいがあった」 『仮面病棟』の出来栄えに自信あり 02月18日 16時01分

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験 02月17日 14時31分

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」 02月17日 14時01分

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」 02月14日 16時01分

GIGAコイン

W繝懊�シ繝翫せ繝昴う繝ウ繝�

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

GIGAコイン