ニュース

『男はつらいよ』寅さんの少年時代をドラマ化 井上真央「こういう形で携わることができてうれしい」

10月08日 15時30分
(左から)泉澤祐希、岸井ゆきの、井上真央、藤原颯音、毎熊克哉
NHK土曜ドラマ「少年寅次郎」試写会が7日、東京都内で行われ、出演者の井上真央、毎熊克哉、泉澤祐希、岸井ゆきの、藤原颯音、制作統括の小松昌代氏、演出の本木一博氏が会見に出席した。

 本作は、国民的映画シリーズ『男はつらいよ』の生みの親・山田洋次監督の小説『悪童 小説 寅次郎の告白』を原作に、主人公の寅さんこと車寅次郎の少年時代を描く。

 小松氏がドラマ化の相談に行った際、山田監督から開口一番「(寅次郎を演じる)子役がなぁ…。

いるかね?」と言われ、探しに探した末、「令和の時代によくいてくれた」と見つけたのが藤原。

映画版で寅さんを演じた渥美清をそのまま小さくしたような風貌に、本木氏も「これで何とかなると思った」という。

 店先に置き去りにされた寅次郎をわが子として育てる母・光子を演じる井上は「初めて見た映画が『男はつらいよ』。

シリーズ50周年にこういう形で携わることができてうれしい」と喜びを語った。

 「一番楽しかったシーン」を尋ねられると、「全部楽しかったんですけど…」と悩み、「寅ちゃんはどこ?」と藤原に助けを求めた。

これに藤原が「最初にご飯を食べるシーン」と答えると、「『もっと早く食え!』と監督に怒られていたね」と笑顔を見せた。

 一方、光子の夫・平造を演じる毎熊は「寅(藤原)とは話をしないで過ごそうと思っていたが、『お父ちゃん、お父ちゃん』とどこでも付いてくる。

諦めて、学校や宿題の話などをするようにした。

本当に自分がおやじになったような気がした」と、撮影の思い出を語った。

 また、映画でもおなじみの、おいちゃんこと竜造と、おばちゃんことつねの若き日を演じるのが、泉澤と岸井。

泣くシーンで藤原から「どうやったら泣けるの?」と質問された泉澤は、「心のスイッチを押す」という意味で「ここ(胸)にあるスイッチを押せばいいんだよ」とアドバイス。

すると、藤原は本当に自分の胸を手で押していたと、ほほ笑ましいエピソードを披露した。

 岸井は、寅次郎の妹・さくらが生まれる場面のリハーサルで、赤ちゃんの人形を見た藤原から「この人形は生きていないの?」と聞かれたことを告白。

「寅が笑うと現場の雰囲気が明るくなった」と撮影を振り返った。

 ドラマは10月19日午後9時からNHK総合で放送スタート(全5話)。

©共同通信社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

北山宏光「梅雀さんの声を夜な夜な聞きながら」 大先輩に日本語のイントネーション指導を依頼 10月11日 21時01分

長谷川博己「サプライズ好き」 「相手に引かれることもありますが」 10月11日 18時01分

伊藤健太郎『悪の華』は日本版『ジョーカー』 玉城ティナはサプライス誕生日に笑顔 10月11日 15時31分

小芝風花、大地震を伝えるアナウンサー役 「私に務まるのかという恐怖もありました」 10月11日 15時31分

超特急が『フッド:ザ・ビギニング』をアピール リョウガ「今までのアクション映画を超越」 10月11日 15時31分

松雪泰子、天才工学者を演じる 毎回反省の堀井新太をフォロー 10月10日 16時31分

伊原六花「六花先生大好き」の声に感激 幼稚園児100人にダンスをレクチャー 10月10日 14時31分

渡辺謙、語学と格闘中の加瀬亮に差し入れ 加瀬「いつも謙さんの握ったおにぎりが置いてあった」 10月10日 14時01分

木村佳乃「40を超えると『大丈夫かな』『いいかな』」 健康のために「早寝早起き」 10月09日 15時31分

吉永小百合「もっといろいろなスポーツのことを知りたい」 「空手の形やってみたい」 10月09日 15時01分

綾野剛「新宿は楽園」に異論 「なかなか激しい街だと思います」 10月08日 20時01分

南明奈、じゅんいちダビッドソンと意気投合 「車に話し掛けちゃいます」 10月08日 17時31分

GIGAコイン

GIGAコイン

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

GIGA MUSIC PLAYER