naoニュース

前田敦子、アカペラ歌唱シーンの撮影で緊張 加瀬亮の“見学”が「プレッシャーになった」

06月04日 15時31分
ウズベキスタンでの撮影を振り返った前田敦子
映画『旅のおわり世界のはじまり』完成披露試写会が3日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、柄本時生と黒沢清監督が登壇した。

 本作は“舞台で歌う”という夢を胸に秘めたテレビリポーターの主人公(前田)が、番組クルーと取材のためにウズベキスタンを訪れ、異国でのさまざまな出会いによって成長していく姿を描く。

 自宅で膝の靭帯(じんたい)を負傷し、先月7日に行われた映画イベントを欠席した前田。

この日は元気な姿で登場した。

司会者から具合を聞かれると、「いい感じなんですけど、ご迷惑をお掛けしました」と笑顔を見せ、回復をアピールした。

 本作は、同国で約1カ月の長期ロケを実施した。

前田は、オファーを受けるまでは「ウズベキスタンという名前も実は知らなかったけど、知らないからこそ全てが楽しかった。

いい思い出しかない」と語った。

 現地では「ご飯会のときにトイレに行こうと思って外に出たら、おじさまに何か言われているけど、何も分からなくて。

(他の人に)来てもらったら、『結婚してほしいって言っているよ』って。

向こうの男性は“かわいい=結婚してくれ”ってなるみたい」と驚きのエピソードも明かした。

 劇中では、エディット・ピアフの名曲「愛の讃歌」の歌唱にも挑戦した。

標高2443メートルの山頂で、同曲のアカペラを披露する場面もあり、「約3カ月のボイストレーニング」を積んで本番に臨んだという前田は、「私的にうわっと思ったのが、(撮影が休みだった)加瀬さんが撮影を見に来てくれたこと。

それがプレッシャーで“なんでこの人、来ているんだろう”と思ったけど、そんなこと言えないし…」と苦笑交じりに振り返った。

 加瀬が「単純に歌を聞いてみたいなと思って。

本当にすみません」と頭をかくと、前田は「嫌なお客さんがいました」とふくれて見せて笑いを誘った。

 映画は6月14日から全国公開。

 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

GIGAコイン

Wボーナスポイント

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

落語のすゝめ(落語のすすめ)