ニュース

新田真剣佑、悩まなかった人生の“大きな決断” 「すぐに決める派なので」

01月10日 00時01分
人生における大きな決断を振り返った新田真剣佑
映画『十二人の死にたい子どもたち』のジャパンプレミアが9日、東京都内で行われ、出演者の杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈ら総勢12人のキャストと堤幸彦監督が登壇した。

 本作は、集団安楽死を求めて廃病院に集まった12人の未成年たちの物語。

楽に死ねると思っていた彼らは、予期せぬ13人目の少年の死体を発見、“この中に殺人者がいる”と疑心暗鬼に陥る。

 杉咲は「タイトルも予告も衝撃的な内容ですが、アクションも恋愛も描かれてないのにハラハラドキドキしたり、心がキュッとしたり、ひとくくりにできないのがこの映画の不思議なところ」と作品の魅力をアピール。

「とっておきのラストをたくさんの方々に楽しんでもらえたら」と呼び掛けた。

 また、“大きな決断をする”ために若者が集まる本作の内容にちなみ、人生で大きな決断をした瞬間を尋ねられたキャストたち。

米・ロサンゼルスで生まれ育った新田は「日本に拠点を移して役者をやっていくと決めたことですかね」と回答。

「悩みませんでした。

決断するときはすぐに決める派。

ズルズルはいきません。

(選択が)正解だったらいいなと思っています」と笑顔で振り返った。

 北村は、「勉強をして大学に行くか、役者をやるかの選択に悩んだけど、(上京して)芸能一本でやると決めたこと」と、18歳当時の決断を挙げ、「いい決断をしたなと思います」としみじみ。

 高杉も、中学時代に仕事のため福岡から上京したことだといい、「決めたのは完全に自分。

親は『好きにしなさい』と言う人だったので…」と10代前半にして自ら決断したことを明かした。

続く橋本は「全く同じ答えで申し訳ない」と恐縮しながら、福岡から上京した17歳当時を振り返り、「結構ザッと潔く決断しましたね」とおちゃめにほほ笑んだ。

 映画は1月25日から公開。

©共同通信社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

大東駿介、ゾンビ役の苦労語る せりふなくとも「心情考えながら」 01月17日 16時01分

野村萬斎、香川照之の芝居に感銘 「これぐらいのテンションでくるのか!」 01月17日 12時00分

横浜流星「反抗期長かった」 親のありがたみ「一人暮らしで実感」 01月17日 11時00分

綾瀬はるか、振袖姿で餅つきに挑戦 「いい運動ですね。熱くなりました」 01月16日 15時01分

河合郁人、初の単独主演舞台で「成長を見せたい」 かつて同居したふぉ~ゆ~辰巳とも共演 01月16日 05時00分

蒼井優「人生初の司会に緊張しています」 西田敏行「ライバルの役所くんが出ているので…」 01月15日 16時01分

竹野内豊、誕生日サプライズに笑顔 「こういうの苦手。でもうれしい」 01月15日 15時01分

成田凌、キスシーンのむちゃぶりに「イライラしていた」 門脇麦「若いエネルギーが凝縮している作品」 01月14日 18時30分

荻野由佳、込山榛香らが晴れ着姿で成人式 荻野「再スタートという気持ちで頑張りたい」 01月14日 16時00分

NGT山口の暴行被害騒動を、AKS運営責任者が謝罪 秋元康「メンバーをケアしていくことを考えなさい」 01月14日 15時30分

AKIRAの19歳時の写真に会場騒然 大森南朋「道で会ったらお金取られそう」 01月12日 17時01分

高橋大輔、マンションをプロデュース 「僕が住みたい。買っちゃおうかな」 01月12日 16時31分

GIGAコイン

W繝懊�シ繝翫せ繝昴う繝ウ繝�

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

GIGAコイン