ニュース

中村倫也、リラックス法は「ウサギの動画鑑賞」 「Yahoo!検索大賞」で「俳優部門賞」受賞

12月05日 18時01分
「俳優部門賞」を受賞した中村倫也
今年、前年と比べ検索数が急上昇した人物や作品を表彰する「Yahoo!検索大賞2018」発表会が5日、東京都内で行われ、俳優の中村倫也が「俳優部門賞」を受賞。

「女優部門」には今田美桜、「お笑い芸人部門賞」にはひょっこりはんが輝いた。

 中村は今年、朝の連続テレビ小説「半分、青い。

」や「ホリデイラブ」「崖っぷちホテル!」など、多くのドラマや映画に出演。

受賞の盾を手に「この重さがワンクリックの結集なんですね」とほほ笑んだ。

 役作りの秘訣(ひけつ)を問われると「せりふを覚えて行く。

それだけです」とマイペースに回答。

演じる役柄の幅広さも評価されているが、「この仕事を始めて14、5年。

昔は外国の貴婦人やハリネズミ人間などもやっていた。

それが人間の男性になっただけ、結構幅が狭まったほうです」と冷静に語った。

 どんな役にもはまる“カメレオン俳優”と称されることについては、「ここだけの話(素顔が)、『まだバレてないな』という安心感がある。

(本音は)ビビり倒してます」と本音を吐露。

リラックス法については「ウサギの動画を無心で見ること。

気が付いたら夜中3時ぐらいになっていることも…」と苦笑した。

 また、「モテるでしょ?」と恋愛について聞かれると、「分かりません。

僕が鈍感なのかもしれませんが…」と困惑気味。

好きなタイプについては「もうすぐ32ですが、だんだん分からなくなってきた。

(相手が)僕のことを好きでいてくれたらいいやって、こだわりが減ってきました」と明かした。

 一方、「お笑い芸人部門賞」で受賞したひょっこりはんは、“ひょっこり芸”誕生の経緯を「自分の顔を『変だな』と受け入れた時から始まった」と説明。

「この顔に生んでくれた両親に感謝を伝えたい。

世界の人にも発信していきたい」と今後の野望を語った。

©共同通信社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

土屋太鳳“胸キュンワード”を全力で披露 『春待つ僕ら』の公開は「卒業式に参加する気分…」 12月15日 15時01分

小栗旬、今年、高所恐怖症を克服? 「突然、絶叫系に乗れるようになった」 12月15日 15時01分

大河主演・中村勘九郎、第1話は“せりふなし” 演じる金栗四三は「真っすぐで純粋な人」 12月14日 18時01分

大泉洋「カンバーバッチさんの芝居じゃ泣けなかった」 「『グリンチ2』を作ってほしい」 12月14日 18時01分

松岡修造「紀平選手が世界一になってうれしい」 広瀬アリス「クリスマスはジムに行きます…」 12月14日 16時01分

山田孝之「ふざけたオジサンで通してたのに」 熱意と気配り明かされ“照れ” 12月14日 11時00分

デーモン閣下、中国・四国9県の観光PR 「たくさんの人に復興の一役を担ってもらいたい」 12月13日 16時31分

滝沢秀明、今年の漢字一文字は「行」 「『さよなら』は使いたくない」 12月12日 23時00分

綾瀬はるか、クリスマスは「大河の撮影」 ボーイフレンドの理想は「お兄さんタイプ」 12月12日 15時30分

ブラッドリー・クーパー5年ぶり来日 胸元ざっくりなローラ気遣う 12月12日 12時01分

玉木宏、“猫と共演”も「なかなか一線を越えられない」 怖くて近づけない理由語る 12月12日 12時01分

松井珠理奈「変顔も出していきたい」 “TikTokerデビュー”に笑顔 12月11日 18時01分

GIGAコイン

Wボーナスポイント

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

落語のすゝめ(落語のすすめ)