ニュース

生駒里奈、万年筆初体験「気持ちが豊かに」 今年の自分を表す一文字は「動」

11月08日 16時00分
特別ゲストとして登場した生駒里奈
万年筆が最も似合う著名人に贈られる「第15回 万年筆ベストコーディネイト賞」表彰式が8日、東京都内で行われ、特別ゲストとして元乃木坂46で女優の生駒里奈が登場。

受賞者としてフリーアナウンサーの内田恭子と中井美穂、競泳女子日本代表の大橋悠依選手も出席した。

 この日、若い世代に万年筆の魅力を伝える“若年世代代表”として呼ばれた生駒は、「万年筆というと少しお高いイメージや、社長さんなど偉い人が使うイメージがあったので私は使ったことがないですね」と率直にコメント。

 さっそく会場に用意された万年筆を手に取ると、「初めての体験。

(書き味は)思った以上に軽い。

私の字ってちょっと雑なところがあるのですが、それも万年筆のおかげでポップな感じに仕上がりました」と声を弾ませた。

   そんな生駒は、若い世代に向けて「手書きの文字を写真に撮って相手に送る」という万年筆の新しい楽しみ方も提案。

ここでは「使った万年筆と自分の手も文字に添える」のがポイントだそうで、「こういう気持ちで書いたんだよ、という温かさがプラスされるんじゃないかな」とアピールし、「万年筆って奥が深い。

書くだけで気持ちがこんなに豊かにあふれてくるなんて」とすっかり魅了された様子だった。

 今年の自分を表す一文字として「動」を選んだ生駒は、「所属していたグループを卒業して色々と一人で動き始めたので、この言葉がぴったりかなと思いました」と説明。

「いろいろなチャンスを頂いて充実した日々を送らせてもらっている」といい「寂しさはないです。

みんなに会えなくなるわけではないし、それぞれに活躍し新たに巣立っていくメンバーもいるので、またみんなと一緒に再スタートする感じです」と語っていた。

©共同通信社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

吉岡里帆「つらかったけど得たものが大きかった」 ハワイ島での“過酷なロケ”を激白 11月16日 18時30分

金爆・鬼龍院翔、さくらももこさんに感謝 「ふざけた僕らを気に入ってくれていた」 11月16日 17時30分

賀来千香子、さくらももこさんをしのぶ 「とにかく人を笑わすことが大好き」 11月16日 17時01分

さくらももこさん「ありがとうの会」に1000人 TARAKO「先生が私の人生を変えてくれた」 11月16日 15時31分

“3坂道初共演”の舞台に齋藤飛鳥が映像出演! 山下美月「大きなスクリーンで小さいお顔を堪能して」 11月16日 13時30分

内藤大助、アラスカの過酷な大氷壁に挑む 「運動はできるまでとことんやるの」 11月15日 18時00分

スキマスイッチ大橋、40歳を迎え「健康診断に行きたい」 常田も「夏フェスでTシャツを脱いでみたい」 11月15日 17時00分

高橋愛、約400万円の高級時計をおねだり? 「クリスマスにあべさんに相談します」 11月15日 14時00分

安井謙太郎、もしニートになったら…!? 「しゃべりを絶った自分に興味」 11月15日 12時01分

紅白制作統括、“当落”の経緯説明 BTS落選は「総合的な判断」 11月15日 12時01分

高崎翔太「一本通して誰も成長しない物語」 舞台「おそ松さん」第三弾は“喜劇” 11月15日 12時01分

香取慎吾、クリスマスの予定は「女の子と…」 初の点灯式に「日比谷は夢がかなう場所」 11月15日 11時01分

GIGAコイン

Wボーナスポイント

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

落語のすゝめ(落語のすすめ)