ニュース

北川景子、野木亜紀子脚本で初の記者役 「マスメディアの情報には必ず偏りがある」

10月11日 18時01分
ネットメディアの女性記者を演じる北川景子
NHK土曜ドラマ「フェイクニュース」の試写会が11日、東京都内で行われ、主演の北川景子、脚本家の野木亜紀子氏ほかが出席した。

 ヒットドラマ「アンナチュラル」「逃げるは恥だが役に立つ」(いずれもTBS系)などの脚本家・野木氏が手掛ける本作。

ネット上に氾濫する「フェイクニュース」を切り口に、大手新聞社からネットメディアに出向してきた東雲樹(北川)が、事実を追い求め、孤軍奮闘する姿を描いた社会派エンターテインメントとなっている。

 北川は、記者役に初挑戦。

「私はこの世界に入って15年ぐらい。

記事に取り上げてもらうことはあっても、書く側の気持ちはあまり考えたことがなかった。

記者といっても人それぞれ。

女性だったら結構カジュアルな方もいればスーツの方もいる。

スタンスや質問の切り口も本当に人によって違う。

基本的には野木先生が書かれた東雲樹というキャラクターを大切にしようと思いながらやっていました」と振り返った。

また、「樹はつらい過去を乗り越えてきた人物。

精神的な強さ、我慢強さ、思慮深さを描きたいと思いながら演じていました」と話した。

 「本作を通してネットニュースに対して考え方が変わったか?」という質問には、「この作品をやったから変わったということは特にない。

私自身、非常に慎重な性格でマスメディアの情報には必ず偏りがあると認識している人間です」と答えた北川。

「同じ事柄や事件を取り扱っていても、報じるスタンスや切り込む角度がメディアによって必ず変わってくる。

幼い頃から、目にした情報をうのみにしないことと、聞き比べや見比べをしてみて取捨選択することが大事だと、ずっと思ってきた」といい「日頃から自分が感じていたことを、作品を通じて皆さんに投げかけられるのが良かった」と語り、ほほえんだ。

 ドラマはNHK総合で10月20日に前編、10月27日に後編を、それぞれ午後9時から放送。

©共同通信社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

吉田羊“戦友”松永大司監督に感謝 「女優としての原点に立ち返らされた」 10月20日 18時01分

佐藤健「一生さんは他人に興味がない人なのかな?」 高橋一生「健くんはずっと怒っているのかな?」 10月20日 17時00分

宮野真守「歴史的瞬間に立ち会えた」 『はいからさんが通る』結末までを初アニメ化 10月20日 17時00分

須賀健太、誕生日のサプライズに「号泣した」 演劇「ハイキュー!!」卒業に「最後まで走り抜けたい」 10月20日 16時01分

小栗有以「アクションシーンに注目して」 舞台版「マジムリ学園」を岡田奈々らとアピール 10月19日 22時01分

宮沢りえ、藤子不二雄(A)氏をお祝い 「きょうは『あびちゃん』を封印してたのに…」 10月19日 11時01分

杉浦太陽「イクメンは妻のケアが一番大事」 りゅうちぇる、古坂大魔王らが「イクメン オブ ザイヤー」受賞 10月18日 17時01分

浅田真央、アイスホッケーに挑戦中 目標は「試合に参加できたら」 10月18日 16時01分

橋本愛、“27歳役”に苦労 「6年間のどうしても埋められない時間」 10月18日 11時01分

浜辺美波、関西で撮影中のハセヒロにエール 朝ドラ鑑賞は「毎日の楽しみでもあります」 10月17日 18時01分

斎藤司、4カ月の娘「チャーハン始めました」!? よしもと芸人が“総選挙”で冷凍食品の魅力PR 10月17日 16時01分

榎木淳弥「ナラティブ組体操は、作品のテーマに沿っている」 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公開目前イベントで 10月17日 12時01分

GIGAコイン

GIGAコイン

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

落語のすゝめ(落語のすすめ)