MERIニュース

森崎ウィン&髙橋颯それぞれの輝き放つ『ジェイミー』歌唱

05月13日 10時31分
2人のジェイミーそれぞれの輝きを放つ歌唱パフォーマンスだった。

ドラァグ・クイーンに憧れる高校生ジェイミー(森崎ウィン、髙橋颯)は、母親から真っ赤なヒールをプレゼントされる。このミュージカル『ジェイミー』でW主演を演じる2人は、9日の歌唱パフォーマンス後の会見に、高いヒールで登場。森崎は「足が痛い。でも、履くとスイッチが入る」とスクワットして足を鍛えているそう。髙橋は取材陣からの「ヒールも撮影したい」という要望に「こんなポーズがいいかな?」といろいろ試していく。
どっしり構えてヒールを履きこなす森崎と、はにかみながらもヒールを美しく見せる髙橋。どちらもジェイミーとして、俳優として、異なる魅力を輝かせていた。また、お互いについて「爆発力がある」と、同じ作品をつくる仲間であり、同じ役を演じるうえで意識し高めあう空気を感じさせる。

歌唱パフォーマンスでは5曲が披露された。

森崎と髙橋が中心になる、オープニングナンバー『誰も知らない』と『頭の中の壁』。森崎の歌声は、ハスキーでやわらかいが強い芯がある。髙橋は、高音でまっすぐな声にはちきれそうな繊細さを覗かせた。どちらも未来への希望と緊張を滲ませ、聞いていると笑顔で前のめりになる。

親友のプリティがジェイミーの背中を押す『スポットライト』。山口乃々華は、ジェイミーへの信頼と対等さを歌で感じさせる。『我が子』を歌う安蘭けいは、10代の息子への応援ともどかしさを抱きながらも、大きな愛をもって見守る。最後に、全員でのアンコールナンバー『暗闇を抜けて』は華やかで、ダンスパフォーマンスもあり、ミュージカルの興奮が詰まったような時間だった。

歌唱披露を終えた2人は「楽しかった!」と笑顔を見せる。作品について、森崎は「今伝えるべきメッセージがたっぷり詰まっている」、髙橋は「楽しく、コミカルで、普遍的な愛を描いたところもある」と言及。観客に向けたメッセージとして、森崎は「まずは楽曲をしっかり聞いて、楽しんでいただけたら」とミュージカルの世界へと誘い、髙橋は「宗教とか人種とかいろんなものと戦いながら、自分の中で落とし込んで、もっと伝えられるように率先して向き合います」と作品観への真摯な姿勢を見せた。

上演は8月8日~29日に東京・東京建物Brillia HALLにて。その後9月に大阪・新歌舞伎座、愛知県芸術劇場 大ホールで公演する。

取材/河野桃子
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

GIGA MUSIC PLAYER

新着

ランキング

1前回2サウンドワークス/null
2前回1YOASOBI/null
3前回4NMB48/null
4前回23ONE OK ROCK/null

RenegadesONE OK ROCK

5前回3あいみょん/null

マリーゴールドあいみょん

Google アプリ 「今年のヒット曲が知りたい 篇」タイアップ曲

6前回13持田香織/null
7前回5三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE/null

TONIGHT三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

8前回6Official髭男dism/null

Cry BabyOfficial髭男dism

9前回7YOASOBI/null

怪物YOASOBI

アニメ BEASTARS

10前回27YOASOBI/null

群青YOASOBI

CM ブルボン「アルフォート ミニチョコレート」

1前回1GALNERYUS/null
2前回2ハロウィン/null

ハロウィンハロウィン

3前回3持田香織/null

せん持田香織

4前回4鷺巣詩郎/null
6前回113刀剣男士 team新撰組 with蜂須賀虎徹/null
7前回6TRD/null

TRADTRD

8前回7TWICE/null

W繝懊�シ繝翫せ繝昴う繝ウ繝�