ニュース

「これは終わりではなく始まり」舞台『ナナマル サンバツ』開幕!

01月08日 16時01分
人気漫画を原作にした舞台「ナナマル サンバツ THE QUIZ STAGE O(オー)」が1月6日、東京・銀座 博品館劇場にて開幕した。それに先駆け公開ゲネプロと取材会が行われ、取材には主演の西井幸人、鈴木絢音(乃木坂46)、佐奈宏紀、弓木奈於(乃木坂46)と、作・演出の大歳倫弘(ヨーロッパ企画)が登壇した。

本作は、競技クイズに打ち込む高校生たちの青春を描いた、杉基イクラによる人気漫画を舞台化したシリーズ第三弾。作・演出は「ヨーロッパ企画」の大歳が手掛け、毎回、脚本なしの“ガチクイズバトル”が行われるなど、ストーリーそのものの面白さに加え、競技クイズの魅力も実際に体感できる舞台となっている。今回は大歳が「今作では、原作における最終回のパートを描きます。ですが個人的には“クイズ×舞台”というエンターテインメントにはまだまだ可能性があるんじゃないかと思い、これが“終わり”ではなくむしろ“始まり”というイメージにしたくてオリジナルストーリーを加えました」と明かしたように、舞台版だけのオリジナルストーリーも交え描かれる。

キャストには、初演から主人公・越山識を演じる西井幸人、同じくヒロインの深見真理を演じる鈴木絢音、小澤亮太、中村嘉惟人、横井翔二郎、「ヨーロッパ企画」の石田剛太、角田貴志、土佐和成、そして吉田尚記(ニッポン放送)らお馴染みの顔ぶれがズラリ。さらに新キャストとして佐奈宏紀、弓木奈於(乃木坂46)、加藤靖久、中西柚貴らが参加する。西井と鈴木は共に「3作に渡り同じ役を演じられて嬉しい」と喜びを語り、西井は「今作もガチクイズバトルがあります。僕は前作で優勝したので、2連覇したい!」と意気込んだ。また、鈴木が乃木坂46の後輩である弓木と「お芝居で絡めて嬉しい」と明かすと、弓木も「大大大尊敬する絢音さんと一緒に出演させていただけることが本当に嬉しい」と笑顔。オリジナルストーリーで軸となるアキトを演じる佐奈は「原作のストーリーにもいい影響が与えられたら」と語った。

今作の舞台は、「全日本U-18クイズ選手権SQUARE」全国大会。越山が所属する文蔵高校クイズ研究会をはじめ、全国から勝ち上がってきた強豪チームによる熱戦は、今この瞬間に全力を注ぐ高校生たちの、眩しい文系スポ根の世界だ。そこに交わるオリジナルストーリーは意外なもので、けれどふたつのストーリーが交差した時、また違う視点でこの物語を観ることができるはず。それはとても温かなものなので、原作ファンにもぜひ楽しんでほしい。

今回もガチクイズバトルが楽しい本作は、1月17日(日)まで東京・銀座 博品館劇場にて上演中。1月9日・17日のスペシャル公演に関してPIA LIVE STREAMにて配信も決定。チケットぴあにて発売中。

文:中川實穂
©ぴあ
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

GIGAコイン

幸せのルーレット

GIGAコイン

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

GIGA MUSIC PLAYER