ニュース

Bリーグ川崎新ユニフォームで2冠、そしてアジア、世界へ

07月31日 16時01分
7月30日、川崎ブレイブサンダースの『B.LEAGUE 2020-21シーズン』新ユニフォームおよびユニフォームスポンサー発表の記者会見が行われた。記者発表会には新たな戦闘服に身を包んだ篠山竜青と熊谷尚也が登場、次のように感想を語った。

「久々に新しいユニフォームを着て、いよいよ新しいシーズンへ向けてステップが進んでいると感じている。先日、佐藤賢次HCから今後のクラブの目標の説明があった。川崎ブレイブサンダースは日本だけではなく、アジアや世界で戦える強いクラブを作っていきたいと聞いた。コートの中でプレーで応えられるようにしっかり準備していきたい」(篠山)
「まずはこの状況下でユニフォームスポンサー枠が全て埋まったことに感謝したい。横の小さな稲妻がひとつになって大きな稲妻になっているデザインのように川崎ブレイブサンダースに関わる全ての人々とひとつになって、まず日本一になって、アジアでもチャンピオンになれるように戦っていきたい」(熊谷)

新ユニフォームのデザインは伝統のブレイブレッドとクラシックスタイルをベースにしている。デザインを担当したクリエイティブ集団YARは「ユニフォームを着用することで戦闘モードに入り、選手・スタッフひとり一人がチームの雷(いかずち)となって戦う姿をファンに見せることで、会場全体を包む歓声が、雷鳴のように響き渡る、そんなストーリーを描きデザインしました」とコメント。

また新ユニフォームの胸スポンサーには川崎に本社を構える精密測定機器のリーディングカンパニー・ミツトヨが就任。ミツトヨ・山口秀和上席執行役員営業本部長と川崎ブレイブサンダース・元沢伸夫代表取締役社長は以下のように抱負を語った。

「選手のみなさんが諦めずに戦う姿と観客が盛り上がる姿、このコロナ禍の中、地域のみなさんが元気になるようなプレーをしてもらい。ミツトヨのロゴを胸に掲げてリーグチャンピオンになれるようもっともっと応援していきたい」(山口本部長)
「リーグ制覇と『天皇杯』の2冠しか見ていない。コーチ・選手たちに信頼を置いている。バスケの技術はもちろん、人間性も含めて信頼している。絶対やってくれると思っている。僕らが恩返しできるのはバスケットボールしかない。勝ち負けはもちろん、観ている人に何か感じてもらえるような試合を届けたい。一緒にがんばろうという思いです」(元沢社長)

川崎の『B1リーグ 2020-21』開幕戦は10月2日(金)・3日(土)・アリーナ立川立飛にてアルバルク東京と、ホーム開幕戦は大阪エヴェッサを迎え10月10日(土)・11日(日)・川崎市とどろきアリーナにてティップオフ。
©ぴあ
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

GIGAコイン

W繝懊�シ繝翫せ繝昴う繝ウ繝�

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

GIGAコイン