ニュース

OSKのお祭り男?桐生麻耶がトップお披露目公演に意気込み

02月08日 18時00分
OSK日本歌劇団『レビュー春のおどり』の製作発表会見が2月7日に開催された。新トップスター桐生麻耶のトップお披露目公演。劇団創立97年、100周年に向けてさらに飛躍せんとするOSKを、唯一無二の個性を持つスター桐生が力強く引っ張っていく。

【チケット情報はこちら】

桐生は1997年にOSKに入団、175センチの長身を武器に、華やかなダンス、朗々とした歌声と、舞台人として必要なすべてを兼ね備えたスター。会見では松竹の安孫子正副社長が「桐生さんはほかの男役とはひと味違う個性を持っている。最初に会った時はびっくりした。野生的というか……」と発言したことを皮切りに、「OSKのお祭り男」「嵐」など、桐生の規格外ぶりが様々な言葉で語られていった。それを大笑いしながら聞いていた桐生だが、自身のアピールポイントを問われると「まさに祭も嵐もドンピシャ。影のない男役……自分で言っちゃった(笑)!」。ただし、「観てくださる方も人間、演じる側も人間。人として何かを伝えることができたらと」と舞台人としての信念を語る。

公演は和物のレビュー『春爛漫桐生祝祭』と、洋物のレビュー『STORM of APPLAUSE』の2本立てで、桐生のトップ就任を華やかに盛り上げる。すでに稽古が進んでいるそうで「シンプルなのですが、観に来てくださった方に『観てよかった』『また来たい』と思ってもらえるものを目指して、みんなで作り上げている」と桐生。会見に同席した若手スター楊琳は「舞台上でお客さまに『新トップだぞ、桐生さんだぞ、いいだろう』と心の底から自慢したい」、娘役スター舞美りらは「お稽古が始まって、自分自身もワクワクの毎日」と心境を話した。

日本三大レビュー劇団のひとつであり長い歴史を持つOSKだが、2003年には当時の経営母体の方針により一時解散という局面にも陥った。会見は桐生の人柄があふれ出て、終始明るく笑顔が弾けていたが、その当時のことを問われ桐生が声を詰まらせる場面も。「解散の危機を経験した劇団員は、今は3人になっています。その時私が思ったのは、“あたりまえ”ということはないということ。そしてこの経験を通し、舞台に対する向き合い方も変わりましたし、助けていただいて今があるという思いも強く持っています。当時のことを知らない子たちも、どんなことであれ、新たな危機に向き合うことは出てくると思う。舞台というものは順調にいくほど簡単ではありませんので。でもその都度現状と向き合いクリアしていくことで強くなれる。ただ、私がいる間はそういう(当時の)話は若い子たちにしていきたい」と、噛み締めるように語ってもいた。

東京公演は3月28日(木)から31日(日)にかけ、新橋演舞場にて開催される。チケットは2月17日(日)に一般発売開始。4月には大阪松竹座でも上演。
©ぴあ
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

GIGAコイン

落語のすゝめ(落語のすすめ)

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

Wボーナスポイント