ニュース

ロマンスの極致!ミュージカル『TOP HAT』開幕

11月07日 18時30分
左から、朝海ひかる、屋良朝幸、多部未華子、坂本昌行、浅野和之、益岡徹
11月5日、ミュージカル『TOP HAT』が東急シアターオーブで開幕した。

【チケット情報はこちら】

まず冒頭から『Puttin’ On the Ritz』に乗せての大人数のタップシーンが壮観!気分が上がる。古き良きミュージカルの味わいと洗練が調和し、スフレのような美しい夢の世界に誘われた。坂本昌行はブロードウェイのスター・ジェリー役を好演。軽妙でお茶目、器の大きさを感じるジェリーだ。『No Strings』の単独の長いタップシーンも、『Top Hat,White Tie and Tails』での燕尾服姿が勢揃いするシーンも見事。モデルのデイル役・多部未華子が実にチャーミング、ジェリーに恋して、でも勘違いで混乱し…と、気持ちの揺れがまっすぐに伝わってきた。ふたりのペアダンス『Cheek to Cheek』は最高にロマンチックでこの名曲の意味を肌で味わえる。デザイナー役の屋良朝幸は強烈なキャラであっと言わせ、益岡徹と朝海ひかるは裏腹な夫婦関係を明るく描く。執事役の浅野は味わい深く、コメディにぴったり。たくさん笑って、時折ホロリ。観劇後は幸せな気分に満たされること請け合いだ。

囲み会見で、坂本は「見所はタップ、ペアダンス、群舞、そして衣裳」、初ミュージカルの多部は「歌も踊りも特訓しました。お客さんの前で披露するのは未知の世界」と初々しいが、坂本は「多部ちゃんは本当に初めて?と思う出来。線が綺麗で、どうしたら美しく見えるかを考えながらリードしています」と良きパートナーぶりを発揮した。益岡徹は恐妻家の役で「妻をすごく愛していて、それゆえの惨劇も起こります」と言うと、妻役の朝海ひかるは「残念ながら殴るシーンはなくて(笑)」と、笑いを誘った。

坂本と屋良の共演は『PLAYZONE』以来、約20年ぶり。屋良は「坂本くんは昔と変わらず、ストイックで黙々と練習するタイプ。背中で語る先輩で、ついていこう!と思えます。今回、僕は一切踊らないので、稽古場で毎日、“お前、今日も汗かいていないじゃないか”とツッコまれた」。そんな屋良を坂本は「今はジャニーズJr. の枠を抜けて、ひとりの役者として頑張っている。もしかしたら1番大爆笑を取れるかも」と推すと、多部も「そうですね。キャラが際立って面白い役ですし、屋良さんの才能かも」と乗り、屋良が焦るひと幕も。

最後に、坂本が「お客さんに“元気や勇気をもらえる!”と思っていただきたい」、多部は「アンサンブルの方達のパフォーマンスが素晴らしく、彼らからもらった元気で乗り切れそう!」と心境を語った。

公演は11月25日(日)まで、東京・東急シアターオーブ、12月1日(土)から5日(水)まで、大阪、梅田芸術劇場 メインホールにて上演。

取材・文:三浦真紀
©ぴあ
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

GIGAコイン

GIGAコイン

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

落語のすゝめ(落語のすすめ)