ニュース

オートレーサー森且行の軌跡たどる そごう川口店で写真展開催

11月27日 16時34分
日本選手権優勝戦の勝負服
11月3日に川口市で行われたSG(スーパーグレード)の第52回日本選手権オートレース優勝戦で、デビュー24年目にしてSG初制覇を遂げた森且行の軌跡をたどった「オートレーサー森且行写真展 悲願のSG初制覇までの道のり」が11月27日(金)、埼玉県川口市のそごう川口店(JR川口駅前)で始まった。

期間は12月14日(月)まで。

森は川口オートレース場でデビューし、現在も同レース場に所属している。

 写真展の会場は6階紳士服売り場の中に設けられた。

人気芸能人の座を捨て勝負の世界に転じた時から、日本一に輝いた今回の優勝まで、日刊スポーツ新聞社、共同通信社、公益財団法人JKAが提供した約30枚の写真と、関連グッズが展示されている。

デビュー間もないころの写真や、日本選手権優勝時に着用していた勝負服など、ファンには垂涎(すいぜん)の品々も飾られ、元アイドルらしく、訪れる人は女性が多い。

 開幕と同時に会場に来ていた東京都新宿区の50歳の主婦は「オートレースのことは知らなかったけど、森君が転身してからいろいろ勉強した。

森君は背が高くて脚が長いから、オートレーサーとしては不利。

日本選手権の終盤の逃げは本当にはらはらした」と、その時の興奮を思い出したように話してくれた。

地元川口市の75歳の主婦は「森君が一生懸命努力しているから、私もオートレースに詳しくなった。

(日本選手権優勝戦の途中で)前の2人が転倒した時は、奇跡が起き運が空から降ってきたと感じた」と、その瞬間を振り返ってくれた。

 今回の写真展を企画したそごう川口店の橋田亮さんは「川口店は2021年2月末で閉店する予定です。

何か明るい話題をと考えていた時、川口市に縁の深い森選手がSGを初制覇し、写真展を企画した」という。

ファン層を考慮し当初は女性服売り場に会場を設けようとしたが、スペースの関係で諦めたそうだ。

 年末の12月27日から31日まで、今年のオートレース・ナンバーワンを争うスーパースター王座決定戦が再び川口を舞台に開かれる。

断トツの人気を誇る森のSG初優勝で、王座決定戦への関心は例年になく高まっている。

 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

GIGAコイン

W繝懊�シ繝翫せ繝昴う繝ウ繝�

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

GIGAコイン