ニュース

学生や若手社員は在宅勤務を希望? ニューノーマルの働き方調査

10月26日 15時37分
イメージ
来年3月に卒業する大学生の就活は、新型コロナウイルスの影響で大きく変わっているが、めでたく採用され勤める段階になって待ち受けるのは、これまた、大きく変化したニューノーマルの勤務形態だ。

そんな中で、学生たちはどんな会社で働きたいと思っているのか?  BIGLOBE(東京)が実施した「ニューノーマルの働き方に関する調査」によると、「働きたいと思う会社」という質問に対して、全国の学生300人の最も多かった回答は「在宅勤務やリモートワークが可能な会社」(49.0%)で、約半数の支持を集めた。

 2番目に多いのは「休みを取りやすい会社」(44.3%)、3番目は「働く時間帯を自分でコントロールできる会社」(41.7%)だった。

「給与の高い会社」(33.3%)はトップ3から漏れて5位となるなど、大学生が会社に求めているのは、お金よりも働く場所や時間に縛られないこと。

ニューノーマルへの対応というより、個人の価値観、ワークライフバランスを重視しているためかもしれない。

 この学生300人と、20代~30代の社会人600人に対して、「これから就職・転職を考える際、会社選びの条件として在宅勤務やリモートワークができることは重要だと思うか」と聞くと、「重要である」(29.2%)、「やや重要である」(42.4%)と回答する人が多数派に! 若者は在宅勤務やリモートワークを重視している様子だ。

 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

GIGAコイン

GIGAコイン

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

落語のすゝめ(落語のすすめ)