ニュース

草なぎ剛 主演男優賞初受賞 天国の恩人にも感謝 第63回ブルーリボン賞

2月24日 5時0分
東京映画記者会(デイリースポーツなど在京スポーツ7紙で構成)が制定する「第63回ブルーリボン賞」が23日、決定した。

「ミッドナイトスワン」でトランスジェンダーの難役を説得力たっぷりに体現した草なぎ剛(46)が主演男優賞を初受賞。

主演女優賞は「コンフィデンスマンJP プリンセス編」と「マザー」で演技の多様性を見せつけた長澤まさみ(33)が連覇を果たした。

恒例の授賞式はコロナ禍で中止となっている。

 “難役”で手にした初の主演男優賞に、喜びもひとしおだ。

青空の下、取材へ駆け出す記者をイメージしたネーミングのブルーリボン賞に、草なぎは「ステキな由来ですね。

『青天を衝け』って感じで」とニンマリ。

国民的エンターテイナーらしく、出演するNHK大河ドラマを絡ませ笑いを誘った。

「立派な賞をいただいたよ、と言いたいな。

高倉健さん、大杉漣さんとか、助けていただいた方に」と過去の共演から多くを学んだ天国の恩人にも、胸を張った。

 「ミッドナイトスワン」で演じた凪沙はトランスジェンダーで、育児放棄にあった少女との同居により母性が芽生える、複雑な役どころ。

「台本を読んで受けた大きな感動を、役にするにはどうしたらいいかなと。

ジェンダーレスというか、自分が思うがまま自由にやりました」。

頭で考えすぎず、感性の演技で役を作り上げた。

 公開前に「#草なぎ剛代表作」と自らSNSで拡散。

リピーターとなる観客が続出し、「追いスワン」という言葉も生まれた。

盟友の香取慎吾(44)にはツイッターで「魅了された僕は初めて、もう芝居をするのはやめようと思った」と絶賛され、「そこまで言わせた僕も、ヤッターと思って」と誇らしげ。

“特別な作品”として納得がいく結果となった。

 撮影をへて大きな変化があったのが、母性への認識だという。

「何かを育てる感覚に近いのかな。

そこは男女関係ないのかなと思ったり」。

昨年末、一般女性と結婚した草なぎ。

いつか父となる日に向けても糧になり得る、大切な役との出会いになった。

©デイリースポーツ/神戸新聞社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

GIGAコイン

GIGAコイン

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

落語のすゝめ(落語のすすめ)