ニュース

谷村新司「寛容な社会になって欲しい」…更正目指す人に厳しい風潮を懸念

7月1日 13時28分
シンガーソングライターの谷村新司(71)が1日、都内で「第70回 社会を明るくする運動」のキックオフイベントに登場した。

 法務省が主唱する、犯罪・非行の防止と更生保護を啓発する同運動。

フラッグアーティストを10年以上務める谷村は、保護司の現場を訪ねて歌を披露するなど、サポートも行っている。

 トークセッションでは「みんな失敗する。

許さないというだけじゃ、その子のセカンドチャンスがなくなっちゃう。

寛容な社会になって欲しいな」と、更正を目指す人にとって厳しい風潮を懸念。

フラッグアーティストとしての活動に「自分のライフワークの一つ。

変わらず淡々とやっていくことで、子供たちを支えていく大人を元気にしていきたい」と、意欲をにじませた。

©デイリースポーツ/神戸新聞社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

GIGAコイン

落語のすゝめ(落語のすすめ)

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

GIGAコイン