ニュース

タロン・エガートン初来日!600名のファンに出迎えられ「幸せ」

08月13日 16時31分

 俳優のタロン・エガートンが13日、主演映画『ロケットマン』のプロモーションのため初来日し、羽田空港で約600名の日本のファンからの歓迎を受けた。サインや写真撮影などにも気さくに応じたタロンは、ファンとのつかの間の交流を果たした。

 世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を、ミュージカルファンタジーとして映画化した本作。エルトン役のタロンは、本作で「Your Song/ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」「土曜の夜は僕の生きがい」といった名曲の数々を、吹き替えなしで歌い上げたことも話題となっている。映画『キングスマン』シリーズのエグジー役としても知られるタロンは今回が初来日で、彼が15時21分に空港ロビーに到着すると大歓声が。タロンは長旅に疲れた様子を見せることもなく、およそ10分間にわたって出迎えたファンと写真撮影やサインに応じるなど、つかの間の交流を楽しんでいた様子だった。

 初来日のメッセージを求められたタロンは「日本はずっと来たいと願っていた場所だったから、こうやって訪れることができてとてもうれしいよ! こんなにたくさんのファンに出迎えてもらって幸せだよ。みんなありがとう!」とあいさつ。去り際にファンにあらためて感謝の思いを伝えると、15時32分頃にロビーを後にした。

 一足先に来日していたデクスター・フレッチャー監督は、約5年ぶり3度目の来日。日本滞在中は、タロンと共にプロモーション活動を行い、15日に行われる本作のジャパンプレミアに出席。その後、帰国予定とのことである。(取材・文:壬生智裕)

映画『ロケットマン』は8月23日より全国公開予定

【関連情報】
【フォトギャラリー】ファンの熱烈歓迎に笑顔で応じるタロンくん
『ボヘミアン・ラプソディ』との比較は光栄!『ロケットマン』タロン・エガートンが語る
『キングスマン』新作、映像が初公開!
マッツ・ミケルセン来日決定!
セバスチャン・スタン「東京コミコン2019」で来日!オーランド・ブルーム&ルパート・グリントと共に
キアヌ・リーヴス、9月に来日決定!『ジョン・ウィック』で3作連続日本へ

 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

GIGAコイン

GIGAコイン

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

落語のすゝめ(落語のすすめ)