ドラマ

日曜日

西郷どん

放送開始日

1月7日

放送局

BSプレミアム 午後6:00~午後6:45
NHK総合 午後8:00~午後8:45

番組内容

明治維新の立役者、薩摩藩士・西郷隆盛の生涯を鈴木亮平主演で描く。巧みな戦術と実行力で徳川幕府を倒し、近代国家・日本を作り上げるために、自ら人柱となって武士の世を終わらせた”ラスト・サムライ”西郷どん。盟友・大久保利通(瑛太)との深い友情や反目、生涯の師・島津斉彬(渡辺)との出会い、篤姫(北川)との淡い恋など、波乱に満ちた生涯の中で、やがて唯一無二の#”革命家”へと成長していく。

内容(あらすじ)

第20回「正助の黒い石」
有馬(増田修一朗)、大山(北村有起哉)ら郷中の仲間たちが吉之助(鈴木亮平)を島から連れ戻す議論をしていた。しかし、吉之助は愛加那(二階堂ふみ)と祝言を挙げ、島で生きていくことを決意していた。一方、薩摩では、島津斉興(鹿賀丈史)が亡くなり、久光(青木崇高)は国父として藩の権力を握ることになる。正助(瑛太)は久光に急接近し、少しずつ久光の信頼を得ていく。有馬ら精忠組の過激派は、そんな正助のやり方が気に入らず、対立を深めていた。そんな時、井伊直弼(佐野史郎)が桜田門外で命を落とす。

第18回「流人、菊池源吾」
西郷吉之助(鈴木亮平)は、藩命により菊池源吾という名でひそかに奄美大島に流された。吉之助はそこで龍家の当主・龍佐民(柄本明)の世話になる。一人取り残されてしまったような吉之助の気持ちは荒れ、島人たちを容易に近づけなかった。しかし、島人は驚くほど貧しい暮らしをしていた。薩摩の過酷な支配により、サトウキビだけを栽培し黒糖作りを強いられていることを、吉之助は島の気丈な娘・とぅま(二階堂ふみ)から教えられる。そんな時、薩摩にいる正助(瑛太)からの手紙が届く。

第13回「変わらぬ友」
篤姫(北川景子)の将軍家への輿入れを果たした吉之助(鈴木亮平)は、3年ぶりに薩摩に帰郷する。西郷家はさらに貧困を極めていたが、家族や正助(瑛太)たちは再会を喜び質問攻めにする。だが、島津斉彬(渡辺謙)の密命を担う吉之助は何も話せない。そのため、友である正助との間に溝ができてしまう。そんな時、老中・阿部正弘(藤木直人)が急死し、斉彬の一橋慶喜(松田翔太)を将軍にするという構想が揺らぐ。江戸に戻ることになった吉之助は正助を薩摩から連れ出そうとするが、正助は激怒する。

ドラマ・アニメ・歌番組

落語のすゝめ(落語のすすめ)

リアルタイムランキング - タグ

新着

ランキング

GIGAコイン