放送局

テレビ朝日系 午後11:05〜午後11:59

内容(あらすじ)

第5話(2月24日放送)
静子(三田佳子)から連絡を受けた丹野(柳葉敏郎)が、里川家に乗り込んできた。香(森川葵)が仕事を続けさせてくれれば家に帰ると言って、その場は収まる。一方、香が亮(市原隼人)の妹ではなく婚約者だと知った茜(伊藤歩)は、亮に冷たく接するが、静子から「自分に正直に」と諭される。

第4話(2月10日放送)
遥飛(白洲迅)が女性を後ろ手に縛っている自撮り写真が会社に一斉メールされ、彼は人事に呼び出される。一方、香(森川葵)は、遥飛から梓(志田未来)とのキスを写メに撮ったと言われ、亮(市原隼人)に相談。梓への思いを告白する香に、亮は茜(伊藤歩)のことが気になっていると打ち明ける。

第3話(2月3日放送)
仕事で里川家に来た亮(市原隼人)は、静子(三田佳子)に誘われ、茜(伊藤歩)・梓(志田未来)姉妹、梓の夫・智弘(渡辺大)と夕食を共にすることに。会話が弾まない中、梓に香(森川葵)から電話がかかってきて、梓の誘いで4人そろって香が働くガールズバー「桃の秘密」に繰り出すことに。

第2話(1月27日放送)
香(森川葵)の告白を聞いた亮(市原隼人)は気持ちを受け止め、自分の決意を伝える。男運に恵まれない茜(伊藤歩)は、結婚を諦めてマンションを購入しようかと考えていた。そんな中、梓(志田未来)に奪われた智弘(渡辺大)から呼び出される。昔に戻ろうと抱き締められて…。

第1話(1月20日放送)
“人生に一度だけの大切な恋”をテーマに4人の男女が繰り広げる、一筋縄ではいかない恋愛模様を描く。ベテラン・井沢満の脚本による毒を秘めた濃密な人間ドラマも見どころ。老舗造園会社で働く亮(市原隼人)は、クライアントにレンタル植木を納めに行き、男性社員から高嶺の花と仰がれる社長秘書・茜(伊藤歩)のスカートが突風でめくれ上がるのを目にする。その茜に新入社員の遥飛(白洲迅)は、人懐っこく声を掛けるのだった。一方亮は、社長の丹野(柳葉敏郎)から娘の香(森川葵)と結婚して後を継いでほしいと言われ、困惑する。

ドラマ・アニメ・歌番組

ハイレゾ音源大賞

リアルタイムランキング - タグ

新着

ランキング

落語のすゝめ(落語のすすめ)