放送局

TBS系 午後9:00〜午後9:54

内容(あらすじ)

第8話(12月10日放送)
投資会社に転職した坂本(風間俊介)が提案した大手企業による買収話を宮沢(役所広司)は一蹴した。だが、資金集めはまったく進まない。そんな中、宮沢はチーム陸王で小さな駅伝大会に出場しようとする。一方、茂木(竹内涼真)は途中棄権した豊橋マラソンへの再出場を目指す。

第7話(12月3日放送)
陸王のアッパー素材の供給をアトランティスに止められ、再びこはぜ屋は危機に。大地(山崎賢人)は新しい素材を探して各社を回るが色よい返事はもらえない。茂木(竹内涼真)も雑誌のインタビューで陸王のことを話し手助けしようとする。だが、今度はシルクレイの製造機が火を噴き…。

第6話(11月26日放送)
茂木(竹内涼真)は陸王を履きニューイヤー駅伝に出場する。その姿に、応援に来た宮沢(役所広司)やこはぜ屋の従業員たちは感動する。要となる第6区を任された茂木は8位でタスキを受け、復帰戦とは思えない力走を見せる。ついに、大学以来のライバルで4位の毛塚(佐野岳)を捉える。

第5話(11月19日放送)
大手シューズメーカー、アトランティスは茂木(竹内涼真)を取り戻そうと躍起になる。銀行との融資交渉が難航する中、宮沢(役所広司)は陸王のソールとして開発したシルクレイを地下足袋に応用し、ヒット商品にする。だが、縫製課の最年長・冨久子(正司照枝)が倒れ、納品がピンチに。

第4話(11月12日放送)
茂木(竹内涼真)はいまだに足の故障から復帰できず、陸上部を辞めるか打診される。ソールとなるシルクレイができ、宮沢(役所広司)は茂木に陸王を履いてほしいと日参するがいい返事はもらえない。茂木のことで、シューフィッターの村野(市川右團次)は小原(ピエール瀧)と対立する。

第3話(11月5日放送)
宮沢(役所広司)の息子・大地(山崎賢人)はこはぜ屋で働きながら転職活動をしているがうまくいかない。銀行は陸王開発への融資を断る。シルクレイ製造装置の修理を手伝ったことから大地は飯山(寺尾聰)の助手となった。一方、裕人(竹内涼真)は陸王を履き復活への手応えを感じるが…。

第2話(10月29日放送)
宮沢(役所広司)は陸王のソールに最適な素材「シルクレイ」を見つけた。だが、開発した飯山(寺尾聰)の会社は倒産し、彼は行方不明になっていた。なんとか会えたが、飯山は倒産の後のゴタゴタで人間不信になっており、しかも「シルクレイ」の特許を高額で買いたい会社があるらしい…。

第1話(10月15日放送)
足袋作り100年の老舗が、会社の存続を懸けてランニングシューズの開発に挑む。原作=池井戸潤×主演=役所広司で送る感動の企業再生ストーリー。宮沢紘一(役所)は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長。年々細る足袋の需要から、資金繰りに悩み、銀行の担当者・坂本(風間)とのやり取りから新規事業への参入を考え始める。それは、足袋製造で培った技術を生かせる裸足感覚のランニングシューズ「陸王」の開発。宮沢とその家族、従業員たち、多くの人の夢と情熱をバネに陸王は走り出す。

ドラマ・アニメ・歌番組

GIGAコイン

リアルタイムランキング - タグ

新着

ランキング

落語のすゝめ(落語のすすめ)