ドラマ

土曜日

先に生まれただけの僕

放送開始日

10月14日

放送局

日本テレビ系 午後10:00〜午後10:54

スタッフ

脚本:福田靖
演出:水田伸生
プロデュース:次屋尚

登場人物

鳴海涼介(櫻井翔)
商社マン。学校を黒字にするため“高校の校長”として出向を命じられる。
真柴ちひろ(蒼井優)
現代社会の教師。2年3組(特進クラス)担任。
松原聡子(多部未華子)
鳴海の恋人。校長になった鳴海を心配する。
島津智一(瀬戸康史)
英語教師。留学経験を持つ。2年2組の担任。
綾野沙織(井川遥)
養護教諭。鳴海の良き相談相手だがダメ出しも。
柏木文夫(風間杜夫)
副校長。鳴海を理解し、共に改革に奔走する。
加賀谷圭介(高嶋政信)
専務。鳴海を京明館高校に送り込んだ張本人。
後藤田圭(平山浩行)
鳴海と同期入社。営業部時代の同僚でライバル。
香坂友梨子(松本まりか)
加賀谷を補佐する優秀な秘書。聡子と同期入社。
矢部日菜子(森川葵)
音楽教師。1年1組担任。新卒採用の新人教師。
市村薫(木南晴夏)
日本史教師。1年3組担任。大雑把な性格。
及川祐二(木下ほうか)
数学教師。2年1組担任。教師を仕事と割り切る。
杉山文恵(秋山菜津子)
古文教師。3年3組担任。職員室のお局的存在。
郷原達輝(荒川良々)
物理教師。3年2組担任。鳴海に対して反発。
河原崎孝太郎(池田鉄洋)
生物教師。3年1組担任。半・鳴海派の急先鋒。

番組内容

商社マンが突然、会社の辞令によって高校の校長になる話題作。教育現場を全く知らない新校長を櫻井翔が演じ、これまで培ってきた企業ビジネスの常識が通じない学校経営を知り、その実態に困惑しながらも立て直しに奔走する。脚本は「HERO]の福田靖、監督は「Mother」の水田伸生、共演も多部未華子、蒼井優ほか豪華布陣に。

内容(あらすじ)

第10話・終(12月16日放送)
会社へ戻るか、転籍か。加賀谷(高嶋政伸)に選択を迫られた矢先、聡子(多部未華子)から婚約解消を切り出され、鳴海(櫻井翔)は思い悩む。鳴海の状況を知ったちひろ(蒼井優)もまた動揺していた。学校では受験生を対象とした個別相談会が始まるも、相談者数は伸び悩んでいた。

第9話(12月9日放送)
バスケ部のコーチ・熱川(松田悟志)が費用のかかる遠征試合を組み、保護者たちのクレーム対応に追われる鳴海(櫻井翔)だが、教育の現場にやりがいを感じていた。受験者数を増やすべくちひろ(蒼井優)たちとアイデアを持ち寄り、行動に出た矢先、鳴海は加賀谷(高嶋政伸)から呼び出される。

第8話(12月2日放送)
ちひろ(蒼井優)のクラスの達也(伊能佑之介)は成績が急落し、特進クラスから外れることに。達也の両親が激怒して来校し、鳴海(櫻井翔)はまたしても窮地に陥る。達也は将棋のプロ棋士を目指すというのだ。そのころ、聡子(多部未華子)は出張先で後藤田(平山浩行)から告白される。

第7話(11月25日放送)
入学願書受付が近づき、大張り切りの鳴海(櫻井翔)は、聡子(多部未華子)とすれ違っていく。そんな中、ちひろ(蒼井優)から相談を受ける。成績トップのほのか(山田佳奈実)が卒業後は進学を辞め、29歳の恋人と結婚すると宣言したのだ。ほのかの交際相手は好青年で、鳴海たちは困惑する。

第6話(11月18日放送)
学校説明会が迫る。公立校の受け皿に徹するべきという柏木(風間杜夫)の意見に、鳴海(櫻井翔)は納得できない。恋人の聡子(多部未華子)の不安を察する余裕もなく…。鳴海を校長職から引きずり下ろしたい加賀谷(高嶋政伸)は郷原(荒川良々)から学校説明会の参加者リストを入手していた。

第5話(11月11日放送)
ついに加賀谷専務(高嶋政伸)に反旗を翻した鳴海(櫻井翔)は先手を打つべく、オープンキャンパスに原社長(小林勝也)を招待する。メーンイベント担当は、ちひろ(蒼井優)の呼び掛けで2年3組の生徒たちが名乗りを上げる。そのころ、鳴海を不愉快に思う郷原(荒川良々)に加賀屋が接触し…。

第4話(11月4日放送)
新しい数学教師を迎えたい鳴海(櫻井翔)だが、適任者が見つからない。悩んだ末に、島津(瀬戸康史)からアクティブラーニングの実践方法を教師一同で学び、授業内容の向上を図ろうと思い立つ。早速、全校集会で「面白い授業をする」と生徒たちに宣言し、自身も数学の教べんを執るが…。

第3話(10月28日放送)
自ら教壇に立つと宣言した鳴海(櫻井翔)だが、授業は教育実習以来で教材の難しさに頭を抱えることに。そんな中、コンビニ店長から高校へ連絡が入る。ちひろ(蒼井優)が担任するクラスの生徒・門倉(平田敬士)が、デジタル万引き行為をしたというのだ。鳴海がちひろと門倉に話を聞くと…。

第2話(10月21日放送)
鳴海(櫻井翔)は教師力アップ講習会を開くが、及川(木下ほうか)は欠席だった。彼の担任クラスの生徒・祥太郎(立石ケン)が悩みを抱えていると気付いた鳴海が、ちひろ(蒼井優)と事情を聞くと、仲良しトリオの菜月(倉島颯良)、愛(上村歩未)、美咲(松風理咲)のことだった。

第1話(10月14日放送)
櫻井翔が校長先生に! 大手商社に勤める鳴海(櫻井)は出世を控えたある日、まさかの辞令を受ける。会社が経営する私立高校を立て直すべく、校長として出向することになったのだ。ちひろ(蒼井優)ら教師たちの反発に遭いながらも、鳴海は持ち前のマネジメント力で学校改革に臨んでいく。

ドラマ・アニメ・歌番組

ワンダと巨像

GIGAコイン

リアルタイムランキング - タグ

新着

ランキング

落語のすゝめ(落語のすすめ)