放送局

日本テレビ系 午後10:30〜午後11:25

内容(あらすじ)

第5話(11月19日放送)
「澪(武井咲)を守らなければ君たちを消す」と轟(近藤正臣)の脅迫を受けた千川(ディーン・フジオカ)は、目黒(三宅弘城)と澪宅へ。鍵は開いていて、室内には盗聴器付きの縫いぐるみが転がっていた。千川は澪が誘拐されたと気付く。栃乙女(島崎遥香)によれば、近隣者の手口だという。

第4話(11月12日放送)
両親の墓参りに来た澪(武井咲)は、中学教師だった亡き母・七海(石田ひかり)と元教え子の男性と出会う。七海を恩師だと懐かしみ、七海たちの命を奪った事故について気になる言葉を発するのだった。案じる澪は栃乙女(島崎遥香)に相談を持ち掛けた矢先、警察へ連行されてしまう。

第3話(11月5日放送)
澪(武井咲)は、自身が通う大学の食堂近くで千川(ディーン・フジオカ)を見かける。後を追ってみると、なんと男子学生を脅迫しているのだ。驚いた澪は千川を制止するが、男子学生はあっさり承諾するのだった。さらに学生は「脅迫してほしい人物がいる」と、千川に依頼までしてきて…。

第2話(10月29日放送)
“脅迫屋”の仕事を渋々ながらも手伝うことになった澪(武井咲)は、千川(ディーン・フジオカ)と依頼人の元へ。週刊誌の偽バッシング記事に苦しんで自殺した親友アーティストのために、名誉を取り戻す記事を編集長に書かせたい、という。千川は編集長と取引するべく作戦を立てるが…。

第2話(10月22日放送)
“脅迫屋”の仕事を渋々ながらも手伝うことになった澪(武井咲)は、千川(ディーン・フジオカ)と依頼人の元へ。週刊誌の偽バッシング記事に苦しんで自殺した親友アーティストのために、名誉を取り戻す記事を編集長に書かせたい、という。千川は編集長と取引するべく作戦を立てるが…。

第1話(10月15日放送)
警察や探偵が取り扱えない依頼を受ける“脅迫屋”の千川(ディーン・フジオカ)と、困っている人を放っておけない善人過ぎるお嬢様・澪(武井咲)。究極に相容れない2人だが、脅迫する相手を間違えて澪宅に届いた動画をきっかけに、さまざまな事件に巻き込まれていく。藤石波矢原作。

ドラマ・アニメ・歌番組

W繝懊?シ繝翫せ繝昴う繝ウ繝?

リアルタイムランキング - タグ

新着

ランキング

GIGAコイン