ドラマ

水曜日

過保護のカホコ

放送開始日

7月12日

放送局

日本テレビ系 午後10:00〜午後11:00

スタッフ

脚本:遊川和彦
演出:南雲聖一ほか
プロデュース:大平太

登場人物

根本加穂子(高畑充希)
就職間際の21歳にして、アルバイトもしたことなく、服も1人で選べない、翌日のタイムスケジュールはすべて母親任せという“奇跡の純粋培養”女子。
根本泉(黒木瞳)
加穂子を溺愛し、娘のすべてを把握していないと気が済まない。
根本正高(時任三郎)
過保護に育った加穂子の将来を案じながらも厳しくできない。
麦野初(竹内涼真)
加穂子と同じ大学に通う学生。いつか画家として成功し、自分を捨てた母親を見返してやりたい。心を閉ざしていたが、加穂子と出会って心が開く?

番組内容

21歳の大学生ながら親の庇護のもと、箱入り娘として大切に育てられてきた加穂子(高畑)。そんな彼女が自分とは正反対の環境で育った1人の青年と出会ったことをきっかけに、少しずつ成長していくホームドラマ。高畑は民放連ドラ初主演。脚本を手掛けるのは「家政婦のミタ」の遊川和彦。

内容(あらすじ)

第7話(8月23日放送)
初代(三田佳子)の秘密を知ったカホコ(高畑充希)は泉(黒木瞳)に相談したいが、自立すると宣言した手前、どうしても切りだすことができない。そんな中、イト(久保田紗友)の誕生日が迫る。親戚一同が誕生会を敬遠する中、楽しみにしている初代のためにカホコは奔走する。

第6話(8月16日放送)
今度は、泉(黒木瞳)が突然荷物をまとめて家出してしまう!?

第5話(8月9日放送)
正高(時任三郎)が家を出てしまい、どうしたものかと悩んでいた矢先、カホコ(高畑充希)は初(竹内涼真)からデッサンモデルになってほしいと頼まれる。家での出来事を話すうちに、初の生い立ちが心配になり…。

第4話(8月2日放送)
カホコ(高畑充希)が泉(黒木瞳)の選ばなかった服を着て登校。絶対に初(竹内涼真)と付き合うと宣言し、母娘のけんかは長期戦へ。アトリエに初を訪ねるカホコだが、交際をあっさり断られてしまう。ショックから立ち直るべく、祖父母宅で人生初のビールを飲むと、再び初の元へ急ぐ。

第3話(7月26日放送)
泉(黒木瞳)から初(竹内涼真)と会うことを禁じられたカホコ(高畑充希)は、いつになく納得することができない。アトリエに初を訪ねたカホコは、恋をしているのだと自覚し、告白の方法をネットで調べ始める。そんなカホコの気持ちを知らない初が告白の練習相手に名乗り出ると…。

第2話(7月19日放送)
初(竹内涼真)と出会い、人を幸せにできる仕事に就きたいと考え始めたカホコ(高畑充希)だが、これと思う仕事は見つからない。折しも、プロのチェリスト志望のいとこ・糸(久保田紗友)がコンクールに出場することに。レッスン教室を訪ねたカホコは、糸が手首を痛めていることに気付く。

第1話(7月12日放送)
就職活動中の大学4年生のカホコ(高畑充希)は、20社以上受けても内定が1つももらえずにいた。いつものように母・泉(黒木瞳)の作った弁当を持参したカホコは、校内で知り合った初(竹内涼真)から「おまえみたいな過保護が日本をダメにする」と告げられる。その矢先、カホコの誕生日会が催される。宅配ピザを届けに現れたのは、初だった。

ドラマ・アニメ・歌番組

GIGAコイン

リアルタイムランキング - タグ

新着

ランキング