放送局

テレビ東京系 深夜0:20〜深夜0:50

内容(あらすじ)

第11話(9月16日放送)
西尾(永山絢斗)が「ふじ」へ来ると、店内には女優・篠原涼子(本人)の姿が。よく食べたメニュー「パンパラ焼き」を懐かしみ、ひとしきり盛り上がって帰宅していく。すると今度は、麻衣(飯豊まりえ)が来店。ついに夢への第一歩を踏み出したという。そんな中、西尾にも大きな転機が巡ってくる。

第10話(9月9日放送)
西尾(永山絢斗)は、80年代の不良青春映画に不良グループの番長の片腕役で出演することに。セリフの言い回しが決まらない西尾に、大森南朋(本人)が「現役の人が来るから教えてもらえ」という。現れたのは岸谷五朗(本人)だった。数々の武勇伝を持つ岸谷から受けたアドバイスとは…。

第7話(8月19日放送)
西尾(永山絢斗)が「ふじ」でパッとしない現状を嘆いていると、前田敦子(本人)が来店。デビューして間もないころにベテラン俳優から超能力と水晶玉を授かり、直後にAKB48のセンターになったと明かす。水晶玉を前田から譲り受けた西尾は、大森南朋(本人)の付き人を務めることに。

第5話(8月5日放送)
西尾(永山絢斗)は、椎名桔平(本人)主演の人気ドラマシリーズのオーディションを受ける。初めて手応えを感じ、歓喜して「居酒屋ふじ」へ行くと、合否を待たずして大森南朋(本人)らと祝杯を上げるのだった。折しも、飛騨高山から西尾の母・たま美(余貴美子)が上京してくる。

第4話(7月29日放送)
西尾(永山絢斗)の職場で、3万円の入った集金袋が紛失。麻衣(飯豊まりえ)とのデートを前に靴を買って散財した西尾が真っ先に疑われてしまう。その後「居酒屋ふじ」を訪れた西尾は、大森南朋(本人)に3万円を借りて何とかデートへ。偶然にも盗難の犯人を知ることになる。

第3話(7月22日放送)
熱愛疑惑で記者に追われた水川あさみ(本人)が「居酒屋ふじ」に飛び込んでくる。驚いたことに、水川の相手とされる男は、西尾(永山絢斗)にそっくり。大森南朋(本人)は、西尾が男のふりをして記者を引きつけている間に、水川を逃がそうとするが、西尾には演じ切る自信がなかった。

第1話(7月8日放送)
東京・中目黒に実在する「居酒屋ふじ」に引き寄せられた売れない若手俳優・西尾(永山絢斗)が、大森南朋(本人)ら著名な常連客たちの言葉に感銘を受け、挫折するも再び夢を追い始める。

ドラマ・アニメ・歌番組

ワンダと巨像

リアルタイムランキング - タグ

新着

ランキング

FaRao Pro store