放送局

日本テレビ系 午後11:59〜深夜0:54

内容(あらすじ)

第9話(8月31日放送)
黒部(岸谷五朗)が秘書・藤木(西丸優子)に有休を消化するよう強要し、新しい秘書・朝比奈(高月彩良)を採用する。柳子(新川優愛)は、理不尽な扱いを受けた藤木から憎き黒部の情報を得ようと躍起だが、圭太(伊藤淳史)は気が進まない。そんな中、圭太は藤木からある調査を頼まれる。

第7話(8月17日放送)
圭太(伊藤淳史)が体調不良で欠勤した日。柳子(新川優愛)の憧れの英国デザイナーが来日直後に失踪する。

第6話(8月10日放送)
蜂谷(野村麻純)と臼田(ぼくもとさきこ)が一人の男性を巡って三角関係に。男性の不審な動向をキャッチした圭太(伊藤淳史)だが、脳内スマホがウイルスに感染してしまう!?

第5話(8月3日放送)
黒部(岸谷五朗)がタブレットを使い始めた。正体を暴きたい柳子(新川優愛)からタブレット画面をのぞいてほしいと頼まれる圭太(伊藤淳史)だが、気が進まない。諦め切れない柳子は、新たな“スマホ人間”探しへ。すると、自称“正義のヒーロー、スマホマン”という大学生と出会う。

第4話(7月27日放送)
黒部社長(岸谷五朗)から突然呼び出しを受けた圭太(伊藤淳史)は、元部下が店長を務める店へ潜入捜査するよう命じられる。店長がパワハラをしていると、差出人不明の告発メールが届いたというのだ。容疑を晴らしたい圭太の脳に浮かんだ、店員と他店の店長のスマホのやりとりは…。

第3話(7月20日放送)
圭太(伊藤淳史)は部々香(安藤なつ)に頼まれて、同じ総務部に所属するマラソン選手・佳蓮(秋元才加)のサインをもらおうと機会をうかがう。佳蓮は東京オリンピックでメダルが期待されるトップアスリートなのだが、圭太が見たのは、佳蓮がスマホ画面に書いた「死にたい」の文字だった。

第2話(7月13日放送)
シェアハウスへ引っ越した圭太(伊藤淳史)は早速、柳子(新川優愛)から“ニャイン”メッセージの読み取り能力についてさまざまなテストを受ける。さらに圭太に会社を辞めてほしくない理由が脳内スマホを使って黒部社長の情報をキャッチし、復しゅうするためだと告げられて驚く。

第1話(7月6日放送)
アパレル会社に勤める圭太(伊藤淳史)はごく普通のサラリーマンだが、ある日突然、“脳内スマホ人間”になってしまう。目の前にスマホの画面が現れ、他人の「ニャイン」の会話が見えるのだ。そんな中、リストラ対象になり、社内で飛び交うメッセージの内容に消沈する圭太に、契約パタンナー・柳子(新川優愛)が話し掛けてくる。“脳内スマホ”について研究させてほしいというのだ。突然授かった能力のおかげで、圭太はさまざまなトラブルに巻き込まれ…!?

ドラマ・アニメ・歌番組

ワンダと巨像

リアルタイムランキング - タグ

新着

ランキング

FaRao Pro store