放送局

NHK総合 午後10:00〜午後10:50

内容(あらすじ)

第7話・終(8月4日放送)
クロを預かったたえ子(富田靖子)がガンを患い、自殺を考えているかもしれないと悟った秀亮(西島秀俊)は、美咲(吉瀬美智子)と捜しにいく。一方、たえ子は離婚した母親に会いたいという小学生の兄妹と母親の家を探していた。さらに、たえ子が会社の金を持ち出したことが発覚する。

第6話(7月28日放送)
秀亮(西島秀俊)の見合いの相手・たえ子(富田靖子)は、2回結婚して子どもがいないという。たえ子は秀亮に猫を譲ってほしいと頼み、秀亮はたえ子のアパートを下見して猫を預けた。しかし、たえ子は猫を車に乗せドライブに出掛ける。途中でたえ子は母親を捜す小学生の兄妹と出会い…。

第5話(7月21日放送)
フリーターの卓也(太賀)のマンションに恋人の悦子(松本穂恵)が捨て猫を抱えて転がり込んできた。だが、卓也のマンションは一人暮らし専用で、ペット禁止。マンションの大家・権田(伊武雅刀)は、なぜか月に一度秀亮(西島秀俊)から猫を預かり、マンションに連れてきていた。

第4話(7月14日放送)
高志(利重剛)は、中学1年生の息子・コウジ(入江海翔)が学校でいじめられていないか心配している。コウジは毎日学校に行くふりをして、秀亮(西島秀俊)の店で猫を見て時間をつぶしていた。尻尾の曲がった猫に自分を重ね合わせているコウジは、父に頼んで猫を飼うことになるが…。

第3話(7月7日放送)
紀夫(加藤虎ノ介)と有希枝(ともさかりえ)の夫婦には子どもができなかった。自分の方に原因があると知り紀夫は、子どもを欲しがっている妻のために離婚届を書く。一方、有希枝は紀夫のために猫を飼おうと、秀亮(西島秀俊)から猫を預かってきた。夫婦は本音を語らず過ごすが…。

第2話(6月30日放送)
リストラされた隆平(マギー)は、自宅を売りに出していた。職探しの帰り道、猫の飼い主募集の張り紙を見た隆平は、子どものために自宅での最後の思い出づくりにしようと秀亮(西島秀俊)に頼み込んで猫を預かる。だが、隆平から猫を見せられた子どもたちの反応は冷ややかだった。

第1話(6月23日放送)
秀亮(西島秀俊)は、幼なじみの獣医師・美咲(吉瀬美智子)の力を借りて、亡き妻(酒井美紀)が飼っていた猫たちの新しい飼い主を探していた。そこに、祖母が大好きだった猫の身代わりとなる猫を譲ってほしいという女性(蓮佛美沙子)が訪ねてくる。秀亮が毛布と一緒に渡した猫に、祖母は大喜びするが…。

ドラマ・アニメ・歌番組

落語のすゝめ(落語のすすめ)

リアルタイムランキング - タグ

新着

ランキング

繝上う繝ャ繧セ髻ウ貅仙、ァ雉? 2017蟷エ8譛亥コヲ