放送局

フジテレビ系 午後9:00〜午後9:54

内容(あらすじ)

第6話(5月28日放送)
二葉(三浦透子)の遺体の近くで蝶形骨の抜かれた遺体が見つかり、山路(高嶋政宏)は弟が20年前に追っていた事件と関連があると確信する。櫻子(観月ありさ)は一重(中村ゆりか)と二葉が似たような恐ろしい言葉を口にしていたと知り、2人が同一人物と会っていたことに気付く。

第5話(5月21日放送)
磯崎(上川隆也)がうそをつき、高校教師だった当時の教え子・一重(中村ゆりか)を捜していると知った正太郎(藤ヶ谷大輔)は櫻子(観月ありさ)と磯崎宅へ。かつて、一重、二葉(三浦透子)、三奈美(山谷花純)という仲良し3人組がいて、二葉も一重も失踪したという。櫻子は三奈美に迫る。

第4話(5月14日放送)
櫻子(観月ありさ)は警部補・山路(高嶋政宏)から時効を迎えた事件の捜査協力を頼まれる。そんな中、博物館オーナー・清治郎(佐々木勝彦)の誕生パーティーへ。同行した正太郎(藤ヶ谷大輔)は櫻子の意外な生い立ちを知る。その矢先、清治郎が殺害される。外部から侵入した形跡はなかった。

第3話(5月7日放送)
恩師(モロ師岡)が亡くなり、櫻子(観月ありさ)は遺品の標本を譲り受ける。その中には人間の骨が…。

第2話(4月30日放送)
九条家の夕食に招かれた帰り、正太郎(藤ヶ谷大輔)はコンビニエンスストアでパジャマ姿の少女と出会う。少女を連れて九条家へ引き返すと、迎えた櫻子(観月ありさ)は少女が過去に左手を骨折していることに気付く。虐待を疑うと山路(高嶋政宏)らが身元と調べると…。

第1話(4月23日放送)
櫻子(観月ありさ)は“三度の飯より骨を愛する”骨格標本士。ひとたび事件が起こったならば、博物館の新人職員・正太郎(藤ヶ谷大輔)とバディを組み、独自の視点から謎を解き明かしていく。

ドラマ・アニメ・歌番組

ワンダと巨像

リアルタイムランキング - タグ

新着

ランキング

ハイレゾ音源大賞 2017年8月度