ドラマ

日曜日

視覚探偵 日暮旅人

放送開始日

1月22日

放送局

日本テレビ系 午後10:30〜午後11:25

スタッフ

原作:山口幸三郎
脚本:福原充則
演出:堤幸彦ほか
プロデュース:荻野哲弘

登場人物

日暮旅人(松坂桃李)
視覚以外の全ての感覚を失っている。研ぎ澄まされた視覚を駆使し、探し物探偵業を営む。
山川陽子(多部未華子)
灯衣が通う保育園の保育士。人一倍、正義感が強い。
雪路雅彦(濱田岳)
探偵事務所のパートナー。旅人を兄のように慕う。
鶴田亀吉(上田竜也)
博多出身のチンピラ。探偵事務所の助手に。
百代灯衣(住田萌乃)
大人顔負けの発言をする保育園児。旅人とは血のつながらない親子。
小野智子(木南晴夏)
陽子の先輩保育士。合コンに命をかけている。
園長先生(木野花)
生真面目な教育者だが、時々天然な一面も見せる。
増子すみれ(シシド・カフカ)
墨東署の刑事。型破りな捜査をする。超ドS。
土井潤一(和田聰宏)
増子の相棒。いつも増子の行動に振り回される。
榎木渡(北大路欣也)
診療所の所長。旅人の秘密のかぎを握るドクター。

番組内容

聴覚・嗅覚・味覚・触覚と、五感のうち4つの感覚を失うが、唯一の残った視覚には匂いや感情を視覚として捉えられる特殊能力を備える。主人公の日暮旅人(松坂)がその能力を駆使し、探し物探偵として難事件を解決する。2015年11月に放送したSPドラマが連続ドラマとしてパワーアップ!

内容(あらすじ)

第9話・終(3月19日放送)
陽子(多部未華子)は、旅人(松坂桃李)の両親を殺害した犯人を知る。犯人の名前を聞いた雪路(濱田岳)は、父・照之(伊武雅刀)の関与を確信し、増子(シシド・カフカ)に助けを求める。そのころ、雪路家の別荘を訪れた旅人は大量のドラッグ“ロスト”を見つける。

第8話(3月12日放送)
旅人(松坂桃李)は両親を殺した犯人に報復するために生きてきた、と陽子(多部未華子)たちに明かす。殺人を犯すのではないかと案じる雪路(濱田岳)は、増子(シシド・カフカ)に助けを求める。折しも、陽子が白石(吹越満)の息子と共にリッチー(北村有起哉)に誘拐される。

第7話(3月5日放送)
過去の真相を知った雪路(濱田岳)が家を出てしまい、灯衣(住田萌乃)に助けを求められた陽子(多部未華子)は旅人(松坂桃李)を訪ねることに。そのころ、旅人はかつて自分の両親を殺害した犯人の名前を聞き出すべく、灯衣の母親・灯果(ともさかりえ)と対面していた。

第6話(2月26日放送)
旅人(松坂桃李)は、灯衣(住田萌乃)の母親・灯果(ともさかりえ)から彼女が新しいドラッグを作るドラッグデザイナーで、5歳だった自分が実験体になっていたと知らされる。雪路(濱田岳)もまたリッチー(北村有起哉)から、灯果が命を狙われていると聞き…。

第5話(2月19日放送)
榎木(北大路欣也)が静香(三吉彩花)と、旅人(松坂桃李)たちを訪ねてきた。就職祝いに静香が大ファンだというミュージシャン・犬飼(吉田栄作)のサインを贈りたいが、当人が行方不明だったのだ。犬飼は、ドラッグ密売の容疑で増子(シシド・カフカ)らが追っていて…。

第4話(2月12日放送)
智子先生(木南晴夏)が合コン会場からヒカル・レイと名乗る男(三浦貴大)と帰ったまま行方不明になる。毎日寝たきりの状態の旅人(松坂桃李)に代わり、雪路(濱田岳)は捜索へ。ヒカル・レイは増子(シシド・カフカ)たちが追っているドラッグの売人だった。

第3話(2月5日放送)
挙式を控えた婚約者・愛歌(国仲涼子)の異変を案じ、川辺(福田悠太)が事務所へ相談に来る。実は、雪路(濱田岳)は政治家・照之(伊武雅刀)の息子で、愛歌は使用人であり、雪路の亡き兄・勝彦(眞島秀和)の恋人だった。さらに旅人(松坂桃李)と雪路家の意外な接点が明らかに!?

第2話(1月29日放送)
5歳の娘の捜索依頼を母親から受けた旅人(松坂桃李)は、母子が暮らす立花荘へ。すると、隣人男性も消息不明だった。そんな中、灯衣(住田萌乃)がファミリーという迷い犬を飼いたいと言いだす。翌日、立花荘の前にファミリーが。首輪には指輪が結ばれていて…。

ドラマ・アニメ・歌番組

リアルタイムランキング - タグ

新着

ランキング

FaRao Pro store