放送局

テレビ東京 深夜0:12〜深夜0:52ほか

内容(あらすじ)

第12話・終(3月31日放送)
映画『バイプレイヤーズ』は、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞する。授賞式の会場で大杉(大杉漣)は鬼屋敷(若松了)に刺されてしまう。事件から10年後、バラエティーの撮影でシェアハウスを訪れた池松(池松壮亮)が見たのは、変わり果てた6人の姿だった。

第11話(3月24日放送)
『バイプレイヤーズ』のフィルムを取り戻した大杉(大杉漣)は、残るはラストシーンの撮影のみと意気込むが、光石(光石研)たちは表情を曇らせる。フィルムに、芸能界最大のタブーが写り込んでいたのだ。悩む6人に、大森(大森南朋)がある提案を持ちかけてくる。

第10話(3月17日放送)
『バイプレイヤーズ』のフィルムがある女優宅で見つかり、光石(光石研)は絶句する。10年前、恋人役を演じて本気になり、ラブシーンが演じられず撮影が中止になったのだ。光石に謝る機会をつくるべく、ジャスミン(北香那)はバラエティーの仕事を持ってくるが…。

第9話(3月10日放送)
10年前、映画『バイプレイヤーズ』は撮影の途中で打ち切りになっていた。失踪中の監督を見つけてラストシーンを撮ってもらおうと大杉(大杉漣)が提案し、遠藤(遠藤憲一)と田口(田口トモロヲ)は監督が移住した栗卒村へ。村は、住人が有名人にそっくりの村だった。

第8話(3月3日放送)
大杉(大杉漣)が嘘をついていたと知った松重(松重豊)ら一同は大激怒。「役者失格だ」という言葉を残し、シェアハウスを去っていく。折しも、不倫騒動でどん底に落ちながらも再ブレークを果たした俳優と現場で遭遇した大杉は、信頼を回復するべくある行動に出る。

第7話(2月24日放送)
保育園児の幼い兄妹からファンレターをもらった寺島(寺島進)は、自分が悪役を演じているせいで兄妹が周りの園児たちからからかわれていると知る。思い悩んだ末に悪役をやめようと決意するが、その矢先、初監督を務める作品で悪役を演じてほしいと後輩から頼み込まれる。

第6話(2月17日放送)
大杉(大杉漣)が「『バイプレイヤーズ』の企画が売られた」と騒ぎだし、遠藤(遠藤憲一)と松重(松重豊)は何者かが奪った企画を持ち込んだテレビ東京を訪ねる。すると、竹中(竹中直人)が脚本に携わったことが判明。新バイプレイヤーの登場でバトルが勃発する!?

第5話(2月10日放送)
遠藤(遠藤憲一)ら6人は、女性シンガーの新曲ミュージックビデオに出演することになった。内容は学園ドラマ仕立ての“フケメンパラダイス”で、松重(松重豊)は若手人気俳優とシンガーを取り合う役に四苦八苦。ラストには学生服を着た6人がダンスを披露する!?

第4話(2月3日放送)
映画『劇場版 孤独剣士サムライジャー』で、寺島(寺島進)と田口(田口トモロヲ)が共演すると知った遠藤(遠藤憲一)ら4人は、案じずにはいられない。2人は全く気が合わないのだ。撮影に入るや、寺島と田口は早速衝突。主演の清水(清水富美加)も困惑してしまう。

第3話(1月27日放送)
光石(光石研)は「W不倫の悲劇」で共演中の山口(山口紗弥加)に誘われて自宅へ。楽しい時間を過ごして気分よく帰ろうとすると、突然引き留められてまさかの展開に。そのころ、シェアハウスでは大杉(大杉漣)が、松重(松重豊)にある相談を持ち掛けていた。

第2話(1月20日放送)
寺島(寺島進)が見つけたネット記事によれば、遠藤(遠藤憲一)と松重(松重豊)は“キャラがかぶるため共演NG”だという。2人は互いに否定し、W主演する刑事ドラマの撮影現場へ。不仲を疑う現場では“カブる”という言葉がタブーとされ、張り詰めた空気が漂う。

ドラマ・アニメ・歌番組

幸せのルーレット

ハイレゾ音源大賞 2017年8月度

リアルタイムランキング - タグ

新着

ランキング

GIGAコイン