ニュース

又吉直樹「何回か声を荒らげました」と告白 NMB48渋谷凪咲は「日々のイザコザを忘れて見て」

04月14日 17時01分
(左から)高橋努、渋谷凪咲(NMB48)、又吉直樹(ピース)、せきしろ氏、太田勇監督
映画『海辺の週刊大衆』の初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の又吉直樹(ピース)、渋谷凪咲(NMB48)、高橋努、原作者のせきしろ氏、太田勇監督が登場した。

 本作は、無人島に取り残された男(又吉)が、砂浜にあった週刊誌『週刊大衆』1冊と共に救助を待つだけという“徹底的に何も起きない”サバイバル・ムービー。

   主演の又吉は、「僕はもともとせきしろさんが書いた小説のファンで、すごく面白いなと思っていたので、映像化する時には関わりたいという気持ちでした。

主人公がいろいろなことを妄想するので、作品を見ながらいろいろと妄想してくれるとうれしいです」と話した。

   撮影は極寒の無人島で行ったというが、撮影時のエピソードについては「現場にスニーカーが片方だけ落ちていたのをすごく覚えてます。

一人で無人島におるっていう設定なのに、(海を)見てたら前に船に乗ったおじさんが来て『ちょっとすみません』みたいなこともありましたね」とエピソードを披露。

「僕はスタッフさんにあまり要求をしないタイプなんですけど、寒すぎて『何か温かいやつとかないですかねえ』って何回か声を荒らげました」と苦労も明かして、会場の笑いを誘った。

 本作が映画初出演となる渋谷は、「撮影は初めてでてんやわんやでした」と笑顔で振り返り、「この映画は、何も考えずに見られるので、皆さん日々のイザコザなどは忘れてぼーっと見てすてきな時間にしてください」とアピールした。

©共同通信社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

長谷川博己、2020年大河に主演 明智光秀役「しっかりやり遂げたい」 04月20日 00時01分

菅田将暉、日大理工学部にサプライズ登場 自身の高校時代は「ずっと裸の男でした」 04月19日 18時01分

スピルバーグ監督「映画という共通言語を使えば、みんなが一つの絆で結ばれる」 日本の若き映像クリエーターたちにアドバイス 04月19日 17時00分

櫻井翔「友達との時間を大切に育んで」  広瀬すずとともに日大特別講義に出席 04月19日 16時01分

スピルバーグ監督が13年ぶりに来日! 「日本のポップカルチャーに魅了されています」 04月19日 11時00分

“21歳”平野紫耀、高校生役に苦労なし 「精神年齢は小学生ぐらいなので…」 04月18日 18時00分

ひょっこりはん、仕事急増も収入は…!? 「まだ“ふっくらはん”にはなってません」 04月18日 18時00分

須賀健太、初めての名刺交換に「慣れない」 「僕のヒーローアカデミア」出演を熱望!? 04月18日 15時00分

溝端淳平、松平健は「海のような人」 「いつかまねができたら…」 04月17日 22時00分

東出昌大、主演映画は「200パーセントの自信」 「太陽のようなマッケンが、泥のようになっていた」 04月17日 21時00分

山本耕史、早見あかりに殺陣を指導 飲み込みが早く「すごく筋がいい!」 04月17日 19時00分

森山未來「オドモTV」で即興芝居 子どもの文章と「日々格闘しています」 04月17日 18時00分

GIGAコイン

ハイレゾ音源大賞

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

落語のすゝめ(落語のすすめ)