ニュース

石川界人、中村悠一に“片思い”? 思い出忘れられ「覚えていてくれぇ〜」

04月13日 21時01分
(左から)石川界人、早見沙織、中村悠一、森なな子
映画『パシフィック・リム:アップライジング』の初日舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めた中村悠一、早見沙織、森なな子、石川界人が登壇した。

 本作は、「KAIJU」と命名されたモンスターと、「イェーガー」と呼ばれる人型巨大兵器の壮絶な戦いを描くシリーズの第2弾。

 リーダーとしてパイロットたちを率いる主人公ジェイクの声を演じた中村は「収録は朝から晩まで…。

後半は怒濤(どとう)なので結構つらかった。

とはいえ、楽しかったですよ」とにっこり。

観客には「ぜひ字幕版と吹き替え版、両方見て面白さを感じてほしい」とアピールした。

 一方、訓練生のイリヤを吹き替えた石川は「実は前作を中村さんと一緒に見に行ったんです」とエピソードを披露。

しかし共に鑑賞したはずの中村は「ちょっと忙しいですからね…。

3日ぐらいたつと忘れちゃう」と当時の記憶がすっかり抜け落ちているようで、これには石川も「覚えていてくれぇ〜」と悲鳴を上げた。

 会場では、2人のパイロットが神経同調システムで“ドリフト”しながら操縦するイェーガーにちなみ「自分がイェーガーに乗って世界を救うとしたらドリフトしたい相手は誰?」という質問も。

石川はあれこれ迷いつつ、最終的に「僕は1人でやります。

ヒーローは1人でいいので」と回答した。

 森は「最近、勝手に親近感がわいている沙織さん。

すごく優しいので、私の過去も全部受けとめてくれそう」と早見を指名した。

これには早見も「うれしい」と大はしゃぎ。

自身も森を指名し“相思相愛”ぶりを見せつけた。

 森と早見がペアとなったことを受け、中村は「この中から選ぶ感じなの…?」と苦笑い。

石川の熱い視線を感じながらも「僕は古谷徹さんかな。

僕の世代のヒーローといったら古谷さんですから。

ごめんね。

(古谷が演じた『ガンダム』の)アムロとドリフトしてみたいんです」と大先輩の名前を挙げた。

 肩を落とした石川は、中村から「ヒーローは1人なんだろう?」と突っ込まれると、「別にいいし」とイジケけて、会場の笑いを誘った。

©共同通信社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

長谷川博己、2020年大河に主演 明智光秀役「しっかりやり遂げたい」 04月20日 00時01分

菅田将暉、日大理工学部にサプライズ登場 自身の高校時代は「ずっと裸の男でした」 04月19日 18時01分

スピルバーグ監督「映画という共通言語を使えば、みんなが一つの絆で結ばれる」 日本の若き映像クリエーターたちにアドバイス 04月19日 17時00分

櫻井翔「友達との時間を大切に育んで」  広瀬すずとともに日大特別講義に出席 04月19日 16時01分

スピルバーグ監督が13年ぶりに来日! 「日本のポップカルチャーに魅了されています」 04月19日 11時00分

“21歳”平野紫耀、高校生役に苦労なし 「精神年齢は小学生ぐらいなので…」 04月18日 18時00分

ひょっこりはん、仕事急増も収入は…!? 「まだ“ふっくらはん”にはなってません」 04月18日 18時00分

須賀健太、初めての名刺交換に「慣れない」 「僕のヒーローアカデミア」出演を熱望!? 04月18日 15時00分

溝端淳平、松平健は「海のような人」 「いつかまねができたら…」 04月17日 22時00分

東出昌大、主演映画は「200パーセントの自信」 「太陽のようなマッケンが、泥のようになっていた」 04月17日 21時00分

山本耕史、早見あかりに殺陣を指導 飲み込みが早く「すごく筋がいい!」 04月17日 19時00分

森山未來「オドモTV」で即興芝居 子どもの文章と「日々格闘しています」 04月17日 18時00分

GIGAコイン

GIGAコイン

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

落語のすゝめ(落語のすすめ)