ニュース

宮近海斗、ストレートプレイ初挑戦 せりふの暗記は「お経のように…」

12月07日 19時00分
舞台「太陽のかわりに音楽を。」
オールナイトニッポン50周年記念舞台「太陽のかわりに音楽を。

」の公開舞台稽古が7日、東京都内で行われ、出演者の別所哲也、宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)、高田翔(ジャニーズJr.)、演出家のノゾエ征爾氏が稽古後に囲み取材に応じた。

 本作は、ラジオ深夜番組の舞台裏の熱気、そして情熱を描くオリジナル青春群像劇。

「オールナイトニッポンZERO」のパーソナリティを務めるミュージシャンのトロイが、ひょんなことから“50年前”のラジオ収録現場にタイプスリップ。

そこで、伝説のパーソナリティーと出会うというストーリー。

 トロイ役の宮近は、これがストレートプレイ(舞台演劇)初挑戦。

「不安も、プレッシャーもめちゃくちゃあった。

物語の軸となる役で、僕が崩れたら全体が崩れちゃうと勝手に思い込んでいたので、せりふもこんなにあってちゃんと入るかな…と思っていた」と当初の心境を明かした。

 一方、いざ稽古が始まると「一つ一つ、ステップアップしていくのがすごくうれしかった」と、自分でも成長を実感した様子。

「演出家さんに『これは間違っている』とか言われながら、こうやって(舞台を)作っていくんだということをすごく学べたので、大きな一歩、自分の糧になったと思う」と胸を張った。

 大量のせりふを覚えるために「とりあえず、ずっと独り言みたいに言っていました。

帰り道でも人通りが少なければ、ずっとお経を唱えるかのようにやっていました」と宮近。

「そうしたら、(頭に)入るものですね。

人間ってすごい!」と興奮気味に語り、笑いを誘った。

 一方の高田は「ジャニーズの年下の子と、外部の舞台で共演するのは初めて。

結構1人に慣れているので、最初、接し方がわからなくて緊張しちゃったんです」と苦笑い。

稽古初日に2人で食事に出掛けたところ、一気に打ち解けたといい、宮近は「ごちそうになっちゃいました」と頭を下げていた。

 舞台は、東京・銀座の博品館劇場で12月7日から17日まで上演。

©共同通信社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

杉江大志、新作舞台「メサイア」に主演 異例の“卒業後”オファーに「正直悩んだ」 12月16日 18時00分

大林宣彦監督「あと30年は映画を作る」 窪塚俊介、満島真之介らが感謝の言葉 12月16日 17時00分

土屋太鳳、佐藤健からの手紙に涙 「同じ時代に生きられて良かった」 12月16日 16時00分

30年後、上白石萌音は「新しい芸能ジャンルを確立」 千葉雄大は「完全に尻に敷かれた夫婦関係」 12月16日 16時00分

大泉洋、松田龍平の発言に憤慨 「おまえ、事務所の人間か!?」 12月15日 20時00分

A.B.C−Z橋本良亮「今年の漢字は5周年の『五』」 共演の家入レオと偶然の漢字一致に大喜び 12月15日 17時01分

高島彩、子育てと仕事で「慌ただしい1年」 年賀状のデザイン「わが家では私が担当」 12月15日 15時00分

太川陽介、「僕が守るから大丈夫」 “不倫”報じられた妻の言葉「信じる」 12月14日 19時00分

屋良朝幸「今年の漢字は『挑』」 「ドッグファイト」再演に意気込み 12月14日 17時01分

カズレーザー「早押しボタンがなければ駄目」 “クイズ芸人”も謎解き失敗! 12月14日 15時01分

船越英一郎と松居一代が離婚 12月14日 13時00分

錦戸亮「恥ずかしい! 抜いて!」 木村文乃から“衝撃エピソード”指摘され 12月14日 11時00分

GIGAコイン

ハイレゾ音源大賞 2017年11月度

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

ワンダと巨像