ニュース

「西郷どん」主演の鈴木亮平 「1話を見れば全47話を見たくなる」

12月07日 12時01分
「西郷どん」の記者会見に出席した渡邉蒼(左)と鈴木亮平
2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の第1回完成試写会が6日、東京都内の同局で行われ、試写会後に主人公・西郷吉之助(隆盛)を演じる鈴木亮平、その子ども時代・西郷小吉を演じた渡邉蒼が会見に応じた。

 本作は、林真理子の小説を原作に、二度の島流しと三度の結婚を経て明治維新を成し遂げながらも、後に明治新政府と戦って散った幕末の英雄・西郷隆盛の波乱の生涯を描く。

 第1回「薩摩のやっせんぼ」は、1840(天保11)年の薩摩国が舞台。

大久保正助(石川樹)ら幼なじみと学問や剣術に励んでいた西郷小吉は、仲間と共にお寺までの一番乗りを競う藩の一大行事「妙円寺詣り(みょうえんじまいり)」に参加。

これに勝利した小吉は、藩主・島津斉興(鹿賀丈史)の嫡男・斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いを果たすが…。

 上映後、壇上に姿を現した鈴木は、少年時代の物語となる第1回について「子どもたちの作ってくれた幕末の生き生きとした空気感が、第1話に輝きを与えている」と語り、「1話を見ていただければ、全47話を見たくなる作品に仕上がっていると思います」と今後への期待感を示した。

 子ども時代の大事なシーンの撮影には、「同じ光景や同じ思い出を残せれば」との思いから、出演はなくてもできる限り立ち会ったという鈴木。

「顔が似ているので、それだけで十分」と、渡邉の演技は意識しなかったという。

この点については、西郷の成長を描くドラマだけに、「(自身が演じる)18歳になった吉之助がどんな成長を遂げたか、違った方が面白いのでは」と、前向きな取り組みであることをアピールした。

 一方、第2回から吉之助役を引き継ぐ鈴木に対するエールを求められた渡邉は、緊張した面持ちで「第1話では強い西郷どんを見せていないので、鈴木さんにはいろいろな人が知っている強くて優しい西郷どんを演じていただけたら…」とコメント。

 これに「どうしようかな(笑)」と応じた鈴木は、「前半の吉之助は、強い人間ではなく、正義感や弱い者の目線に立つところは(渡邉が演じた小吉と)似ている。

強い西郷が出て来るのは、もう少し先」と前置きした上で、「ゆくゆくはそこに到達できるように、きっちり頑張ります」と抱負を語った。

 劇中で共演場面のない2人が唯一、共演しているのがオープニングのタイトルバック。

これについても鈴木は「視聴者の方々が毎回、子ども時代の吉之助たちを思い出して、ストーリーに入って行く作りが嬉しい」と満足そうに語っていた。

 大河ドラマ「西郷どん」は2018年1月7日(日)スタート。

初回は60分拡大版。

©共同通信社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

杉江大志、新作舞台「メサイア」に主演 異例の“卒業後”オファーに「正直悩んだ」 12月16日 18時00分

大林宣彦監督「あと30年は映画を作る」 窪塚俊介、満島真之介らが感謝の言葉 12月16日 17時00分

土屋太鳳、佐藤健からの手紙に涙 「同じ時代に生きられて良かった」 12月16日 16時00分

30年後、上白石萌音は「新しい芸能ジャンルを確立」 千葉雄大は「完全に尻に敷かれた夫婦関係」 12月16日 16時00分

大泉洋、松田龍平の発言に憤慨 「おまえ、事務所の人間か!?」 12月15日 20時00分

A.B.C−Z橋本良亮「今年の漢字は5周年の『五』」 共演の家入レオと偶然の漢字一致に大喜び 12月15日 17時01分

高島彩、子育てと仕事で「慌ただしい1年」 年賀状のデザイン「わが家では私が担当」 12月15日 15時00分

太川陽介、「僕が守るから大丈夫」 “不倫”報じられた妻の言葉「信じる」 12月14日 19時00分

屋良朝幸「今年の漢字は『挑』」 「ドッグファイト」再演に意気込み 12月14日 17時01分

カズレーザー「早押しボタンがなければ駄目」 “クイズ芸人”も謎解き失敗! 12月14日 15時01分

船越英一郎と松居一代が離婚 12月14日 13時00分

錦戸亮「恥ずかしい! 抜いて!」 木村文乃から“衝撃エピソード”指摘され 12月14日 11時00分

GIGAコイン

ワンダと巨像

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

FaRao Pro store