ニュース

マーク“ルーク”ハミル、37年ぶり来日 「第二の故郷と言っていい特別な場所」

12月07日 11時00分
ファンの声援に応えるマーク・ハミル
シリーズの最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のレッドカーペット・イベントが6日、東京都内で行われ、来日したマーク・ハミル、アダム・ドライバー、ライアン・ジョンソン監督らが参加した。

 最新作はシリーズの「エピソード8」に当たり、4〜6の主人公、ルーク・スカイウォーカーを演じたハミルは、映画のプロモーションとしては第2作『帝国の逆襲』以来37年ぶりの来日。

高校時代に2年間、横浜のアメリカンスクールに通っていたこともあり、「こんばんは、ジャパン」とファンの声援に応え、「日本は第二の故郷と言ってもいいくらい特別な場所。

日本語がしゃべれていたら、日本で俳優として活動していたかもしれない」と親日家ぶりをアピール。

シリーズに登場するキャラクター、R2−D2、C−3POとも再会し、「皆、大好きな仲間だよ」とご機嫌な笑顔を見せた。

 ルークは前作『フォースの覚醒』のラストシーンに登場したが、新作については「内容については今は何も言えないから、言葉を濁して話すことに慣れちゃった。

でも、(公開までの)あと1週間で、最大の謎を知ることができるよ」と意味深に話した。

ダース・ベイダーの遺志を継ぐカイロ・レン役のドライバーも、「乞うご期待としか言えないね。

素晴らしい脚本で、観客の知性を信じているからこその終わり方だよ」と自信をのぞかせた。

 監督・脚本に起用されたジョンソン監督は、「スター・ウォーズは、ファンによって作られている映画。

皆がこれだけワクワクしてくれて、最高の感動だよ」とファンに感謝。

製作が既に発表されたエピソード10〜12でも監督を務めることが決まっており、「フォースとともにあらんことを」とシリーズの決めぜりふで締めくくった。

 映画は12月15日から全国で公開。

©共同通信社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

杉江大志、新作舞台「メサイア」に主演 異例の“卒業後”オファーに「正直悩んだ」 12月16日 18時00分

大林宣彦監督「あと30年は映画を作る」 窪塚俊介、満島真之介らが感謝の言葉 12月16日 17時00分

土屋太鳳、佐藤健からの手紙に涙 「同じ時代に生きられて良かった」 12月16日 16時00分

30年後、上白石萌音は「新しい芸能ジャンルを確立」 千葉雄大は「完全に尻に敷かれた夫婦関係」 12月16日 16時00分

大泉洋、松田龍平の発言に憤慨 「おまえ、事務所の人間か!?」 12月15日 20時00分

A.B.C−Z橋本良亮「今年の漢字は5周年の『五』」 共演の家入レオと偶然の漢字一致に大喜び 12月15日 17時01分

高島彩、子育てと仕事で「慌ただしい1年」 年賀状のデザイン「わが家では私が担当」 12月15日 15時00分

太川陽介、「僕が守るから大丈夫」 “不倫”報じられた妻の言葉「信じる」 12月14日 19時00分

屋良朝幸「今年の漢字は『挑』」 「ドッグファイト」再演に意気込み 12月14日 17時01分

カズレーザー「早押しボタンがなければ駄目」 “クイズ芸人”も謎解き失敗! 12月14日 15時01分

船越英一郎と松居一代が離婚 12月14日 13時00分

錦戸亮「恥ずかしい! 抜いて!」 木村文乃から“衝撃エピソード”指摘され 12月14日 11時00分

GIGAコイン

ハイレゾ音源大賞 2017年11月度

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

ワンダと巨像