ニュース

比嘉愛未、デビュー15年「あっという間だった」 “ロボット”になったつもりでCM撮影

01月12日 17時00分
ビジネスパーソンをイメージしたピンクベージュのスーツで登場した比嘉愛未
パナソニック「新・レッツノート」発表会が12日、東京都内で行われ、宣伝キャラクターを務める比嘉愛未が出席した。

 宣伝キャラクターを務めて3年になる比嘉は「毎回私の予想を遥かに超えてきて、圧倒的な軽さには毎回驚かされます」と素直な感想を語り、新製品のタブレットモバイルPCについては「そう来たかと驚かされました。

どんどん進化していくので私も本当に負けていられない」と背中を押される思いだという。

 新プロモーション映像は、比嘉演じるビジネスパーソンの1日をつづったユニークな物語になっており、「自信作です。

いろいろな仕組みのある大変な撮影だったので長時間になってしまいましたが、その分素晴らしいCMになったと思います」と語った。

 これまでのプロモーション映像は「キリッと仕事をちゃんとこなすような女性のイメージが多かった」といい、本作では「ポップでテンポもよく」と語ったように、背景をプロジェクター投影し、比嘉の手前のセットやキャストはスタッフによる人力で移動させるワンカットで撮影された。

 「タブレットを取り外せるところを重点的にアピールしたかったので、微妙なさじ加減ですがプロ根性で頑張ろうと思って。

動くと駄目なので、ロボットになった気持ちで手がつりそうになりながらも『動かないぞ』という感じで」と笑いを誘い、「50テークぐらい繰り返したみたいです。

軽く3時間ぐらいはやり続けて、プレッシャーもあったけど、皆で力を合わせて今までにない経験をさせていただきました」と振り返った。

 また、レッツノートが20年を迎えたことから、20年前に動物園で撮影された比嘉の写真もお披露目され、「小学校3年生ぐらいですかね。

動物が大好きで怖がらずに触りに行くような活発な子でした。

これはラマですかね」と照れ笑いを浮かべた。

 自身はデビューから15年目となる今年の目標を「あっという間だったけど、まだまだこれからも頑張りたい。

レッツノートさんと同じく、長く愛されるような、私からも愛を与えられるような役者でいたい」と語った。

©共同通信社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

松方弘樹さん74歳で死去 時代劇ややくざ映画で活躍 01月23日 19時00分

仲里依紗「お尻を大きくしたい」と願望を告白 GENKING「だんだん女化が進んでる…」 01月23日 17時00分

高橋真麻、今年の目標に“署名捺印” 「流れに身を任せようと…」 01月23日 17時00分

藤森慎吾が、狩野英孝にメッセージ 「野生の勘よりIDチェック」 01月23日 14時00分

窪塚洋介、スコセッシ監督の演出に脱帽 「駄目でも『ワンダフル、もう1回!』」 01月21日 18時00分

長野博「佐藤勝利くんの輝きには勝てない」 独身の坂本昌行「城島茂と手をつないでいく」 01月21日 17時00分

狩野英孝、淫行疑惑で無期限謹慎 「相手の年齢を疑うことはなかった」 01月21日 15時00分

綾野剛、浅野忠信には「恐怖感があった」 上地雄輔との“チャーミング対決”に注目!? 01月21日 14時00分

坂口健太郎、10月公開『ナラタージュ』で松本潤の恋敵役 ヒロイン有村架純をめぐり三角関係に 01月20日 20時00分

大谷翔平&秋山翔吾、WBCに向け気合十分 「とにかく勝ちたい。優勝したい」 01月20日 20時00分

堤真一「温泉の看板にぶつけちゃいました!」 新CMで“まさかの事故”に遭遇 01月20日 17時00分

愛之助、初ミュージカルに意気込み 妻・紀香から「公演の6時間前には起きて」 01月20日 15時00分

GIGAコイン

GIGAコイン

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング