ニュース

SF小説の金字塔「華氏451度」の舞台版に吉沢悠が主演

07月11日 17時00分
吉沢悠 撮影:源賀津己
近年、映画やテレビドラマなどで活躍が目立つ俳優・吉沢悠が、3年ぶりに舞台にカムバック。今秋上演の主演舞台『華氏451度』について話を聞いた。

【チケット情報はこちら】

原作は、1953年にアメリカの作家レイ・ブラッドベリによって書かれたSF小説。急速に発展する情報化社会の中、本がテレビやラジオに取って代わられることに危機感を覚えた作者が未来世界に真っ向から取り組んだもので、1966年にはフランスの巨匠フランソワ・トリュフォー監督によって映画化もされている。2016年にストリンドベリ原作の『夢の劇』を舞台に立ち上げた白井晃(演出)×長塚圭史(上演台本)が再びタッグを組み、挑む今回。吉沢は、本の所持や読書が禁じられた社会で隠匿されていた本を焼き尽くすファイアマンのひとり、ガイ・モンターグ役を担う。

原作を読み、「今のインターネット社会に置き換えて考えられるようなことがユーモアも交えつつ描かれていて、ハッとさせられた」という吉沢。その後、映画版にも目を通し、今は長塚による準備稿と向き合う。「原作が持つ空気感や世界観がしっかりと描かれた台本だと思います。それでいて、原作とも映画ともちょっと違う部分もあって。解釈や演出の仕方で様々に形を変える題材ですね。白井さんと長塚さんがどんな舞台に仕立ててくださるのか、僕自身、早く知りたいです。ほんと、どんな舞台になるのか想像つかないんですよね……。って、事前に考えすぎて頭でっかちにならないようにしないと(苦笑)」

初となる白井の演出作で演じるモンターグは、「それまで模範的に生きてきたのに、ふと法に対し疑念を持ったことをきっかけに、反体制へと足を踏み入れてしまう」という役どころ。同役を掘り下げる稽古期間中には40歳の誕生日を迎える。「今回“3年ぶりの舞台ですね”と皆さんに言っていただくんですが、自分では“3年”という実感があまりなくて。それくらい瞬間瞬間を生きてきたのかも。30代は先々のビジョンに対していろいろと考えを巡らせ、焦りを感じることも多かった。でもこれからは、目の前のものや自分の置かれている状況をしっかりと味わい、生きていきたいなと。不安もありますけど、それ以上に楽しむ。まずはこのタイミングで巡り合えたこの作品に、じっくりと取り組みたいと思います」。舞台本編はもちろん、役者・吉沢悠の進化が目撃できそうで、楽しみだ。

公演は神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場で9月28日(金)から10月14日(日)まで。チケットの一般発売に先駆けて、プリセールを実施中。受付は7月12日(木)午後11時59分まで。

取材・文:兵藤あおみ

衣装提供:nest Robe CONFECT、45R
©ぴあ
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

GIGAコイン

GIGAコイン

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

GIGA MUSIC PLAYER