ニュース

水濡れデータの復旧を半額で 西日本豪雨の支援

07月12日 14時21分
災害後の復旧作業は、道路などの公共土木施設や倒壊家屋の再建、ライフラインの再整備と、課題が山積だが、数十年前はなかった復旧作業もある。

データの復元だ。

家庭でのIT機器トラブル解決を手掛ける日本PCサービス(大阪)は、大雨による被害を受けた西日本全域を対象に、パソコンやUSBメモリ、SDカードなどのデータ復旧料金を半額にする取り組みを実施する。

 浸水などの被害に遭った場所では、パソコンやメモリ機器の水濡れによるデータの読み取り不良や、起動不良など、さまざまな被害がある。

特に企業にとってデータや資料は財産。

いち早く復旧を行い、体制を整える必要がある。

同社のデータ復旧サービスは、パソコンのハードディスクやUSBメモリ、RAID・NASサーバーなど、さまざまな記録媒体が開かなくなってしまったり、データが消えてしまったりした場合、特殊な技術でそのデータの復旧を行うもの。

今回の西日本豪雨による水没が原因の場合、郵送修理によるデータ復旧作業料金が半額になる。

 郵送場所は、〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-33 プレシデントビル1F データ復旧支援担当者宛。

電話はフリーダイヤル 0800-555-0049
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

GIGAコイン

GIGA MUSIC PLAYER

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

W繝懊?シ繝翫せ繝昴う繝ウ繝?