ニュース

海老一染之助さん 逝く 兄・染太郎さん待つ天国へ 正月の風物詩・傘回し永遠に

12月7日 5時59分
伝統芸能「太神楽(だいかぐら)」の曲芸師、海老一染之助(本名・村井正親)さんが6日午前11時31分、肺炎のため東京都杉並区の病院で亡くなった。

83歳。

東京都出身。

葬儀・告別式や喪主は未定。

 2002年に死去した兄・染太郎さんとともに、新年を華やかに彩ってきた染之助さんが、年越しを待たずに旅立った。

1946年に初舞台を踏んだ2人は、東京・新宿の末広亭など寄席から人気に火がついた。

染之助さんが和傘の上でまりを回し、その横で染太郎さんが「おめでとうございま〜す」「いつもより余計に回しております!!」などとはやす芸は、正月番組の風物詩でもあった。

「弟は肉体労働、兄は頭脳労働、これでギャラは同じ」が決まり文句。

お茶の間の人気者だった。

 確執もうわさされた兄弟だったが、染太郎さんが亡くなった際、染之助さんは「兄弟愛で励まし合ってきた。

寂しい」と消沈。

葬儀では、号泣しながら「おめでとうございまーす!」と絶叫し、芸人魂を天国に届けた。

 デイリースポーツの取材に応じた三男で、テレビ東京報道局次長兼ニュースセンター長の村井正信氏(50)によると、染之助さんは1週間前に肺炎で入院。

この日、容体が急変したため、誰もみとることができなかったという。

 「体を使う芸なので、70代の後半からは事実上のリタイア、店じまいでした。

ここ数年は年齢からくるガタで体調が優れず、入退院していた」と明かした。

前日には妻が病室を訪れていたが、いつもと違った様子はなかったという。

晩年は個人でマネジメントをしており、お別れの会などの開催は未定という。

©デイリースポーツ/神戸新聞社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

森三中・大島美幸 夫・鈴木おさむ氏を大説教 12月16日 22時2分

吉澤ひとみ 息子の「イヤイヤ期」激励コメントに感謝…母親として成長しなくちゃ 12月16日 21時8分

JUMP知念、セクゾ中島に敗れ大阪のオバチャン服「あんた!がんばりや!」 12月16日 20時23分

ジュノン ガールズ・コンテストに12歳小学6年生…賞金100万円は「貯金」 12月16日 20時18分

だいすけおにいさん チーズケーキで3キロ太った…ファンに「好き」と言って激増 12月16日 19時37分

須藤凜々花 結婚相手の実家を訪ね「きゅんとした」…浴衣写真を掲載、彼氏撮影? 12月16日 19時5分

M!LK 男性5人組、来年の目標は世界進出…「世界的に何か、5人でできたら」 12月16日 18時43分

小林麻耶 上智大学で非常勤講師…『いのちの授業』90分、教授と学生に感謝 12月16日 18時36分

三浦りさ子 写真加工アプリで夫・カズとのツーショット写真…気持ち悪いかしら? 12月16日 18時21分

松島庄汰 18年は女性関係の話題提供?! 「いいスキャンダルを」 12月16日 17時27分

堀田茜 出川哲朗が一番好きだけど「結婚は違います」とキッパリ 12月16日 17時20分

香取慎吾 鳳蘭と2ショットで「生きる歴史を積み重ねて生きたい」 12月16日 17時13分

GIGAコイン

落語のすゝめ(落語のすすめ)

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

ハイレゾ音源大賞 2017年8月度