ニュース

ビートたけし 清水富美加の宗教ネタ連発で沸かす

3月16日 15時12分
タレントのビートたけし(70)が16日、都内で、出演した米SF映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(4月7日公開)の会見に出席。

主演のスカーレット・ヨハンソン(32)ら来日した共演者を前に、たけし節全開のブラックジョークで盛り上げた。

 登壇時からいきなり「やっと幸福の科学から出られて。

今度は統一教会に入ろうと思ったけど、この映画ためには創価学会が一番いいのじゃないかと」とあいさつ。

女優・清水富美加(22)の出家で話題となった幸福の科学の名前を出し、映画とは関係ない宗教の話題で会場を沸かせた。

 この映画は、日本人漫画家・士郎正宗の「攻殻機動隊」を実写化した作品。

たけしは「初めてハリウッドのコンピューターを駆使した大きな映画に出られていい経験になった。

役者という仕事をやる時に、どう振る舞うものなのか、スカーレットさんに教えてもらい勉強になった。

すばらしい映画ができた」と話すなど、映画に関してはまじめな受け答えに終始。

映画の出来栄えにも「自分の周りに。

アニメの実写化で最初に成功した作品との声がある。

唯一の失敗は荒巻かな」と自身を挙げて自虐的に語るなど盛り上げた。

 また、自身も映画監督として世界を舞台に活躍するが、ハリウッドと日本映画の撮影の違いには「自分が監督をやる時は、非常に簡単にワンテイクが多い。

ハリウッド映画はカメラの台数も、自分は最高で3台くらいしか使わないけど、ハリウッドスターは5、6台あって。

ただ歩くシーンでも、日本で普通に歩く感じで“グッド!”と言って“ワンモワ”。

その後は“ナイス ワンモア”“ベリーグッド ワンモア”“エクセレント ワンモア”“ジーニアス ワンモア”と。

歩くシーンだけで5台のカメラで、5、6回撮って30カットあるくらいの撮り方をする。

これはお金がかかる!とつくづく思った」と振り返っていた。

©デイリースポーツ/神戸新聞社
 
おもしろい!
つまらない!

オススメ記事

GIGAコイン

リアルタイムランキング - アーティスト

新着

ランキング

FaRao Pro store